ここから本文です

マンCペップ監督、リバプールとの差に言及 「タイトルのことを考えるのはクレイジー」

2019/12/5(木) 13:20配信

Football ZONE web

「タイトルはもう終わった」というメディアへの皮肉を込めて発言

 マンチェスター・シティは現地時間3日、プレミアリーグ第15節でバーンリーと対戦し、4-1で勝利した。公式戦3試合ぶりの勝利で暫定2位に浮上したが、ペップ・グアルディオラ監督は「タイトルのことを考えるのはクレイジー」と語った。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【動画】ブラジル代表FWジェズスが2得点! 「マンC×バーンリー」(4-1)ハイライト

 シティはブラジル代表FWガブリエル・ジェズスの2得点でリードを広げ、スペイン代表MFロドリ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズもゴールを奪い、4-1で大勝した。勝ち点を32に伸ばし、レスターをかわして暫定2位に浮上。首位リバプールとの差は現時点で「8」に縮まった。

 1試合消化の少ないリバプールが独走している状況は続いている。グアルディオラ監督は「タイトルはもう終わった。私が読んだニュースによれば、我々にはもうチャンスはない。すべて終わったんだ」とメディアへの皮肉も込めて自虐的に語っている。

「私は(タイトル争いが終わったと)信じていないが、私が信じるか信じないかは本質ではない。大事なのは次の試合だ。我々のチームは安定している。正直に言えば、リバプールと差を見てタイトルのことを考えるのはクレイジーだよ」

 さらに、グアルディオラ監督は「FAカップやリーグカップ、チャンピオンズリーグもある」と複数コンペティションでの戦いが続くことを指摘し、そのうえで「重要なことは次の試合に向けて今のリズムを維持すること」と語った。

 シーズンはまだ半分以上残っているだけに、今は目の前に集中するだけと強調していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/5(木) 13:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事