ここから本文です

LVMHがティファニーを買った5つの理由

2019/12/5(木) 15:00配信 有料

WWD JAPAN.com

ティファニーのブルーブックパーティー会場の様子 (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」などを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)が、ティファニーを162億ドル(約1兆7496億円)で買収すると正式に発表した。ファッション業界において史上最高額での取引となる。すでに一大帝国を築いているLVMHが、買収額を引き上げてでもティファニーを獲得したかった理由を分析する。(この記事はWWDジャパン2019年12月2日号からの抜粋です) 本文:3,067文字 写真:5枚 ベルナール・アルノーLVMH会長兼CEO(右)とドナルド・トランプ米大統領。テキサス州の「ルイ・ヴィトン」レザーグッズ工房のオープニング式典ではLVMHのアメリカ市場へのコミットを印象付けた PHOTO : MICHAEL BUCKNER / WWD (写真:WWD JAPAN.com) (写真:WWD JAPAN.com) 「ティファニー」の“シュランバージェ”コレクション

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2019/12/5(木) 15:00
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る