ここから本文です

「IOCのアスリートファーストの観点から言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う」――野球の言葉学【全文公開】

2019/12/5(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

本人も野球経験者

 11月27日の衆院文部科学委員会で高校野球の連投、投げ過ぎ問題について質問を受けた萩生田光一文部科学相(56)の言葉学が、ちょっとした騒動に発展した。

「IOCのアスリートファーストの観点から言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う」

 文科大臣といえば春の甲子園大会で始球式を務め、高校野球を統括する役所のトップ。その人物から飛び出た言葉学は衝撃的だった。 本文:1,373文字 写真:2枚 佐々木は今夏9日間で435球を投げた

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

鷲田 康/週刊文春 2019年12月12日号

最終更新:2019/12/5(木) 11:00
記事提供期間:2019/12/5(木)~2020/11/29(日)
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る