ここから本文です

「老親リスク」減らす8つの手法 オレオレ詐欺、火災、自動車事故等

2019/12/6(金) 7:00配信

マネーポストWEB

 少子高齢化の時代、ひとり暮らしの高齢者は増える一方だ。単身生活をする65歳以上は、1980年には男性約19万人、女性約69万人だったが、2015年には男性約192万人、女性約400万人となった(内閣府「平成29年版高齢社会白書」より)。高齢化が進む中、この傾向が加速するのは確実だ。

 孤独死、不慮の事故……。遠く離れた実家でひとり暮らす親が心配で仕方がないという人も多いのではないだろうか。

 そんな場合に利用したいのが、高齢者の生活を守るサービスやグッズだ。代表的なのが、定期的に安否を確認してくれる「見守りサービス」だ。

 日本郵便の「みまもり訪問サービス」(月額2500円税抜き・以下同)は全国で利用できる。月に1回、郵便局社員が直接訪問し、30分ほど利用者の生活状況について確認する。その内容は、家族が指定したメールアドレスに報告される。

 警備会社のALSOKにも「HOME ALSOKみまもりサポート」(月額費用1700円~)がある。体調が悪いときにコントローラー(非常通報装置)を押せば、最寄りのガードマンが自宅に急行する。相談ボタンを押せば看護師常駐のALSOKヘルスケアセンターにつながり、健康相談も受けられる。

 変わり種が、象印マホービンの「みまもりホットラインi-POT」だ。専用の給湯ポットを使うと、使用状況が家族にメール送信される。使用時間などを詳しく知ることができるため、親の生活リズムの把握も可能だ。初回契約料は5000円、サービス利用料が月額3000円となっている。

転倒、火災を未然に防ぐには

 家の中には様々な“危険”がある。濡れた風呂場での転倒事故はその代表例だが、介護アドバイザーの横井孝治氏は、「風呂場の安全はちょっとした工夫で高められる」という。

「ホームセンターには浴槽の底や浴室の床に使える『滑り止めテープ』が1000円程度で売られています。これを貼れば、転倒リスクは大幅に下がります」

 乾燥する冬場は火災にも要注意だ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 7:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事