ここから本文です

道具や手順は? 車のバッテリーが上がった時の対処法

2019/12/6(金) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

車を運転する人は、バッテリーが上がってしまった時のために、ジャンプスタートの方法を知っておいた方がいいでしょう。

しかし、人によってやり方が違うこともあるので、正しい方法を知らなければなりません。

バッテリーとエンジンを扱うわけですから、自分はすべて正しく行っていると確認したいはずです。

まず最初に、必要なものを確認しましょう。

ブースターケーブル1組(常にトランクか車のどこかに入れておくのがおすすめ)とバッテリーがきちんと動いている別の車が必要です。

安全第一

ジャンプスタートをする前に、ブースターケーブルの状態や長さを確認してください。

バッテリーが動いている車と、バッテリーをチャージしなければならない車をつなぐのに、十分な長さが必要です。

コーティングのゴムが剥がれたり、破れたりして、ケーブルがむき出しになっていてはいけません。ブースターケーブルのクリップ部分(バッテリーターミナルに接続する部分)は清潔でなければなりません。

念のために、バッテリーターミナルブラシもブースターケーブルと一緒にトランクに入れておくのをおすすめします。

バッテリーを充電できる位置に車を移動させたら、両方の車のエンジンを止め、停車し(マニュアル車の場合はニュートラに入れ)、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)を引きます。

両方の車のボンネットを開け、ブースターケーブルを準備しましょう。

車同士をつなぐ

赤いほうがプラス、黒いほうがマイナスと覚えてください。

赤のクリップを片方の車のプラス端子につなぎ、反対側の赤のクリップをもう片方の車のプラス端子につなぎます。真ん中でケーブルが交差しないようにします。

2台の車をつなぐ時に気をつけたいのは、1つのクリップを端子につなぐ時は、反対側のクリップがエンジン・ルームでぶらぶらしたり、ボンネットの下でガタガタしたりしないようにします。

「AAA(アメリカ自動車協会)」や「Edmunds」「Car and Driver Magazine」のすべてが、以下の手順が正しいと認めています。

バッテリーが上がった車(救援される車)のプラス(+)端子に、赤いクリップ部分をしっかりと接続する。

バッテリーが動いている車(救援する車)のプラス(+)端子に、反対側の赤いクリップ部分を接続する。

救援する車のマイナス(─)端子に、黒いクリップ部分を接続する。

救援される車のエンジンルームの塗装されていない金属面に、反対側の黒いクリップ部分を接続します。これでアース接続になります。マイナス(─)端子やクロスバーでもいいです。

クリップ部分はきっちりと安全に留まっているか、すべてがしっかりと接続されているかを確認してください。

アース接続の部分が、動く部分の近くにないかも確認します。

救援する車のエンジンをかけた時に、クリップ部分がガタガタしたり、動いたりしないようにです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 12:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ