ここから本文です

道具や手順は? 車のバッテリーが上がった時の対処法

2019/12/6(金) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

車のエンジンをかける

救援する車のエンジンをかけます。

救援する車のエンジンをかけるとすぐに、救援される車のバッテリーにチャージされ始めます。

ほとんどの場合、救援される車のエンジンを止めた状態で、救援する車のエンジンをかける必要はありません。

しかし、バッテリーが上がって長時間経っている場合は、救援される車のバッテリーをチャージするには、救援する車を少しアイドリングしなければならないかもしれません。

救援する車のエンジンが動いたら、救援される車のエンジンをかけます。

すぐにエンジンがかかることもありますが、かからない場合は、数分待ち、それからもう一度エンジンをかけてみてください。

2~3回試してみてもエンジンがかからない場合は、かけるのをやめましょう。バッテリーが単に充電できないか、車に別の故障がある可能性があります。

つないだ車を外す

バッテリーが上がった車のエンジンがかかったら、エンジンを切らずに、先ほど接続したのとは逆の順番でブースターケーブルをゆっくりと外していきます。

救援される車のアース接続を最初に外し、それから救援する車のマイナス端子の黒いクリップを外します。それから、救援する車のプラス端子の赤いクリップを外し、最後に今チャージされてエンジンがかかった車のプラス端子の赤いクリップを外します。

接続を外す時は、電気が流れているケーブルを扱うので、とても慎重に行ってください。接続を外す時は、ブースターケーブルの保護されているクリップ部分だけを触り、そこがエンジンに触れたり、プラスとマイナスのクリップが触れ合ったりしないように気をつけましょう。

運転する

運がよければ、救援してくれた車に別れを告げ、ジャンプスタートできた自分の車で安全な場所まで運転しましょう。

エンジンを切ったら、次回もう一度ジャンプスタートをしなければならないかもしれませんが、15分ほど運転するか、アイドリングすると、バッテリーは十分チャージされます。

しかし、バッテリーが本当に調子が悪い場合は注意しなければなりません。修理工場や適切なバッテリーがある車のパーツ屋さんに行ったり、バッテリーを数時間つなぎっぱなしにしたほうがいいでしょう。運転中にバッテリーは間違いなくチャージされますが、フルチャージされることはないと思われます。

2/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 12:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事