ここから本文です

世の中のほとんどの問題はクリエイティブ×マーケティングで解決できる。PARTY・中村洋基さんの仕事術

2019/12/6(金) 20:01配信

ライフハッカー[日本版]

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに仕事術を学ぶ「HOW I WORK」シリーズ。 今回は、クリエイティブディレクターの中村洋基さんにお話を伺います。

【全画像をみる】世の中のほとんどの問題はクリエイティブ×マーケティングで解決できる。PARTY・中村洋基さんの仕事術

電通に入社し、多数のデジタルキャンペーンを手がけたのち、2011年に独立。4人の仲間とクリエイティブエージェンシー「PARTY」を立ち上げました。現在は電通デジタル客員ECD、ヤフー マーケティングソリューションズ統括本部ECD、「VALU」社外取締役、「TINTO COFFEE」オーナー、ラジオ司会など、幅広い活躍をされています。

国内外250以上の広告賞の受賞歴があり、クリエイティブのプロフェッショナルである中村さん。しかし、それだけではビジネスがうまく進まないときもあったそう。それを解決する突破口が「マーケティング」でした。

プロモーションの考え方を「働き方」に応用する

──これまでの経歴を教えてください。

大学3年で、演劇を志すのをやめてから、あらゆるデジタルの制作をやっていました。

器用貧乏な気質と「どんな仕事でも死ぬ気でやれば、新しいことの習得はなんの障壁でもない」と思っていたので、Flashを中心として、Webデザイン、コーディング、PHP、チラシデザイン、3Dソフトでパース制作、VJのモーショングラフィック、BSデータ放送配信、DVDオーサリングなど、なんでもやりました。

前職の電通で、たまたま日本でも屈指の広告プランナーさんたちとご一緒に仕事ができる機会に恵まれ、デジタルの技術に加えて、一流のクリエイティブの思考・仕事の進め方も吸収できた。

この掛け算から人とは違う価値が生まれたのかなと思います。

ただ「PARTY」を立ち上げてからは、少々大変でした。クリエイティブだけやっていればよかった独立前と違って、自分で経営・人事・営業も担当しないといけない。でも、そのおかげで、クリエイティブだけやっていてはわからない視点が持てたと思います。

──マーケティングを意識したきっかけは?

広告クリエイティブ、特にデジタルが絡んだものとしては、経験・思考量、成功体験量で日本で有数の自信があります。ただ、提案の時点からまったく的外れなことがままありました。いま思うと、自分が勝手に描きたい「作品」のイメージに固執してたんでしょうね。

とある仕事で、P&Gのマーケターと元P&Gのマーケターチームに囲まれたことがきっかけです。「これがマーケティングか」と目からウロコの体験でした。

代理店クリエイティブ時代の「マーケ資料」に見ていた退屈なデータの羅列とは圧倒的に違う、濃い思考の世界がそこにありました。

基本的にクリエイティブの考え方は「水平思考」で、ルールや概念にとらわれず、非連続的にアイデアが落ちてくるものです。良いアイデアというものをあまり分解整理せず、質の良い多量のインプットとアウトプットの鍛錬を繰り返すことで、鍛えられてきます。

対して、マーケティングは「垂直思考」。仮説・調査・検証によって、WhoとWhatを理知的に定義していく地続きの思考です。

例えばライフハッカーの記事を読んでいる人は誰なのか?効率的に生きたい人、ビジネスで成功したい人は誰なのか。その人に一番刺さる話題は何か、頻度は?シェア率は?いつ、どこで読む?仮説と調査で掘り下げ、ターゲットが「こう言われればついライフハッカーの記事読みたくなる」というインサイト(洞察)に到達する、という行為です。

マーケティングの垂直思考でターゲットとインサイトを定義し、それを通常の何倍もの確率で伝達させるクリエイティブ。このふたつを組み合わせたら、アイデアが独りよがりにならず、プレゼンが理解され、目を見張る結果が出続けました。

そして、この考え方は。広告だけでなく、人生のほとんどすべての課題解決に当てはまるなと思いはじめています。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 20:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事