ここから本文です

【NBAスター悲話】ドラゼン・ペトロビッチ――クロアチアが生んだ不世出の天才バスケットボールプレーヤー【前編】

2019/12/6(金) 5:20配信

THE DIGEST

 ドラゼンとのマッチアップはとてもスリリングだった。私たちは常に激しく競い合い、彼は一貫して攻撃的な姿勢を崩さなかった。彼の私に対するプレーは非常にハードなもので、私も彼に対して同じようにプレーした。そんなふうに我々は過去に何度か素晴らしいバトルを繰り広げたが、残念ながらそれはとても短い間だった――マイケル・ジョーダン

 クロアチアが生んだ不世出の天才バスケットボールプレーヤー、ドラゼン・ペトロビッチ。ほとばしる情熱と闘志あふれるプレー、そして小憎たらしいまでの勝負強さを兼ね備え、見る者すべてを魅了した稀代のパフォーマー。彼がこの世を去ってから、今年で26年を数える。

 その間、NBAも大きく様変わりした。一番の変化は、外国人選手の数が飛躍的に増えたことだろう。26年前に20人弱だったその数は、『NBA.com』によると2019-20シーズン開幕時点で、38の国と地域から集まった108人の選手がロースターに名を連ねているという。単純に計算すると、全NBA選手の24%、4人に1人が外国人選手ということになる。さらには、6年連続で100人をオーバーしているとのこと。

 そのなかでも特に、ヨーロッパ出身選手の台頭には眼を見張るものがある。数的なことはもちろん、ここまで質の高い選手が次々に出現するとは、26年前には誰も想像できなかったはずだ。ダーク・ノビツキー(ドイツ)とヤニス・アデトクンボ(ギリシャ)はレギュラーシーズンMVPを獲得し、ファイナルMVPには同じくノビツキーとトニー・パーカー(フランス)が選出されている。

 リーグのトップセンターの仲間入りを果たしたニコラ・ヨキッチ(セルビア)に、レギュラーシーズンMVPを伺う勢いのルカ・ドンチッチ(スロベニア)。オールスター級の活躍を見せるルディ・ゴベア(フランス)にクリスタプス・ポルジンギス(ラトビア)。四半世紀前に人々が抱いていた“ヨーロッパ出身選手=ゴール下のでくの棒、もしくはセットアップシューターなどのソフトなロールプレーヤー”というイメージは、完全に覆されたと言ってもいいだろう。

 その先駆けとなった選手が、ペトロビッチだった。わずか4シーズンという短い間だったが、NBAを疾風のように駆け抜け、強烈な印象を残したまま帰らぬ人となったヨーロッパの伝説。記録よりも記憶に残る、その象徴的な選手だった。残されたファンの心には、未だぽっかりと大きな穴が空いている。この先どれだけ優秀なヨーロッパ出身プレーヤーが現われようと、その穴を埋めることはきっと不可能に違いない。

1/4ページ

最終更新:2019/12/12(木) 14:59
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事