ここから本文です

ハリウッドの破壊王マイケル・ベイ、“史上最もマイケル・ベイな作品”と言われる最新作『6アンダーグラウンド』

2019/12/6(金) 15:10配信

KAI-YOU.net

Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』が、12月13日(金)から全世界同時配信される。

【画像】ライアン・レイノルズ、緊迫の表情

監督は、アクション映画を撮らせたら当代随一のマイケル・ベイさん。

また主演のライアン・レイノルズさんが、「マイケル・ベイ史上最もマイケル・ベイな作品だと確信している」と明かし、「彼の作品はイカれている」と言いたい放題な本作の特別映像が解禁された。

本作はスキルも職業もバラバラな6人の精鋭たちが最強チームを結成し、最難関のミッションに挑む超ド級のノンストップアクションとなっている。

ハリウッドの破壊王ことマイケル・ベイ

これまでにハリウッドで数多くの作品を手がけてきたマイケル・ベイさんの異名は「ハリウッドの破壊王」。

とにかく派手なアクションシーンが特徴で、あらゆるものを爆発四散させてきた。

監督としてのデビュー作となった『バッドボーイズ』シリーズからその片鱗は見えており、以降手がけた『トランスフォーマー』では車や建物は言うに及ばず、『アルマゲドン』では惑星すら破壊した実績を持つ。

コンプラ無視の暴走王

その撮影手法が、「Mayhem」(破壊行為)をもじった「Bay-hem」(ベイ・ヘム)と呼ばれ称賛されているマイケル・ベイ監督。

そんなマイケル・ベイ監督が史上最もマイケル・ベイしている作品が『6アンダーグラウンド』ということで、期待は高まるばかり。

本作のスタントシーン撮影で使用された車両は、爆破・破壊されたものを含めてなんと750台以上。

さらに、危険な走行をするカーアクションを撮影するため、エアバックなどスタント時に作動する可能性がある安全機能もすべて解除するというぶっ飛びぶり。コンプライアンスはどこに…。

幼少期に家の庭でおもちゃに花火をくくりつけて炎上させ、パニック映画もどきを撮影して喜んでいたという生粋の破壊王がおくる『6アンダーグラウンド』は、12月13日(金)から全世界同時配信される。

Yuuki Honda

最終更新:2019/12/6(金) 15:10
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事