ここから本文です

このスニーカーがすごい! 注目を集めたスニーカー3選!

2019/12/6(金) 21:00配信

MonoMax Web

最近発表&発売されたスニーカーの中からMonoMax Webで紹介し、特に人気だった3足をまとめてご紹介します!
今回も様々な注目スニーカーが登場しました!

ナイキ エア ジョーダン 11が7年ぶりに“ブレッド”カラーで復活です!

1996年4月26日にNBAのコートで初めて着用されたエア ジョーダン 11。
ホリデーシーズンに毎年恒例となったエア ジョーダン 11の展開の10周年を記念して、2012年ぶりにこの“ブレッド”カラーで復刻されます!
同モデルの3色目のブレッドと呼ばれるこのカラーは、エア ジョーダンの中でも特段で人気。
シカゴ・ブルズのアウェイカラーで、ブラックとレッドを基調にしたカラーリングがドシブです!

12月14日からエア ジョーダン 11 レトロは、フルファミリーサイズにて発売予定ですので、ジョーダン好きパパならマストですね!

汚れを気にせずガンガン履き込むアディダスの「HOME OF CLASSICS」コレクション!

adidas Originalsが誇る伝統的なホワイトレザースニーカーが集結したニューコレクション「HOME OF CLASSICS」。
真っ白なキャンバスを自分色に“汚していく”新コレクションで、2019年春にも展開されて、大好評に!
それを受けて秋冬版コレクションも展開されています!

様々な人生経験を通じて、真っ白なキャンバスに自分色を描いていくことをコンセプトに汚れや経年変化さえも楽しむコレクションとなっています。
そんな今コレクションは、今回ご紹介する「SUPERCOURT」を筆頭に、「SUPERSTAR」「STANSMITH」「CONTINENTAL 80」といった、往年の名作も同時にラインナップ展開されます。
経年変化さえも楽しむコレクションなので、ホワイトスニーカーでも気にせずガンガン履き込んじゃって下さい!

エドウインとミズノのコラボスニーカーは、日本の職人芸が詰まった傑作だった!

糸、生地、縫製、フィット、ウォッシュ加工すべての工程に徹底的にこだわり、秋田を中心とした自社工場でジーンズを作り続けるエドウイン(EDWIN)。
技術革新とクラフトマンシップの融合によって、さまざまなスポーツシーンをバックアップするギアを生み出し続けるミズノ(MIZUNO)。
そんな日本を代表する2大ブランドががっちりとタッグを組み、日本の職人芸を凝縮させたコラボスニーカーを誕生させました。
コラボスニーカーのベースには、1970年代に開発されたランニングシューズを基にデザインしたM-LINEの定番モデル「MR 1」をセレクト。
エドウインの代名詞である14.6ozのレインボーセルビッチデニムをアッパー全体に採用。
経糸には弾力性に富む上肌触りのいい希少な和綿「伯州綿」を混紡したステッチを採用しています。
ジーンズのようなステッチカラーやレザーパッチなどディテールも見どころ満載です。

いかがでしたか?
お気に入りの一足が見つかれば幸いです!

最終更新:2019/12/6(金) 21:00
MonoMax Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事