ここから本文です

キャサリン妃、クリスマスファッションで子どもたちとツリー選び

2019/12/6(金) 21:13配信

25ansオンライン

4日(水)、またまたキャサリン妃が事前発表なしに、突如公務に登場!
実はこの日、パレスからの声明が発表されました。内容はキャサリン妃の新たなパトロン先について。
1869年に設立、エリザベス女王が祖母メアリーオブテック元王妃から受け継がれ、65年以上のあいだ、パトロンとして支援されてきたチャリティ「ファミリー・アクション」をキャサリン妃が受け継がれることになりました。
この慈善団体は、子どもたちや家族が直面するあらゆる問題に対応し、実践的なサポートをし続けています。
子ども、家族、そしてメンタルヘルスといえば、キャサリン妃が日頃から熱心な活動をされているテーマ。
加えて、代々国王妃に受け継がれていることからも、まさにキャサリン妃にピッタリ。これ以上、相応しい方はいない、といえますね。
その発表がなされた直後、早速お仕事開始です。
キャサリン妃が、バッキンガムシャー州のピーターリー・マナー・ファームに到着。
こちらの荘園農場で、「ファミリー・アクション」が運営するクリスマス・アクティビティに参加されました。

【写真】家族愛にあふれるキャサリン妃のフォトアルバム

まずは、ファッションから! なぜなら触れずにはいられない…キャサリン妃のザ・クリスマス・ファッション!
これまでも、毎年この時期にはクリスマスをイメージさせるファッションが恒例でしたが、単品で、クリスマス・カラーのコーディネートは、ありませんでした。
まさか、赤のダウンにグリーンのニットとは…。このシーズン特有のいわばホリデー・ファッション。楽しくなることが大事!その点では、さすが、です。

赤のダウンジャケットは、着回しアイテム。スキー・アイテムのブランド、パーフェクト・モーメントのもので、本来はスキー用ジャケットですが、タウンユースでご愛用。
2017年の2月に、これを着て、ウィリアム王子&ハリー王子と短距離走をされた記憶が蘇ります。
その時には、インナー&ボトムをすべて黒にされ、モダンな着こなしに。
比較すると、今回はとってもポップで、イベント的ですね。でもお子さまたちと一緒だと、それもなじむから、さすが。
ジャケットの中には、ニューアイテムのニットをお召しに。クルーネックのリブ、そしてエメラルドグリーンの綺麗な色が、キャサリン妃にお似合いです。昔から愛用されている、英国ブランド、Really Wid Clothingのもの。
ボトムはスキニーで、ブーツはひさびさに登場、アウトドアブランドのバーグハウスのトレッキングシューズです。ジュエリーは、シンプルにフープのピアスのみ。

そしてもうひとつ、スキニーとブーツの間には、ちらりとソックスが。しかも色はグリーン!と、足元までしっかり手抜きなく、全身でクリスマス・ファッションです!ここまでとなると、むしろ感動。
キャサリン妃の徹底的な遊び心が素晴らしい!
最後に、ヘアスタイルは残念、と言うのが私の感想。超カジュアルでしかもポップな配色、にコンサバな、縦巻きカールのダウンスタイルが…、もっさり感に見えがち。
個人的には、ひさびさにポニーテールでお願いしたかったですね。その方がきっとスタイリッシュだったはず。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 21:31
25ansオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事