ここから本文です

お金があっても高級装備のほうがいいとは限らない? 選べるクルマの装備6つのメリット・デメリット

2019/12/6(金) 11:41配信

WEB CARTOP

1)プッシュスタートとカギひねり

 クルマを始動させる方法は、今ではボタンを押すだけのプッシュスタートが一般的になっている。それは軽自動車にまで拡大しているのだ。リモコンキーとセットとなるプッシュスタート方式は、キーをひねる作業が不要だから、ワンタッチで始動できる便利さが魅力。夜、キーを差し込む穴を探す手間もない。急いでいるときにも、プッシュスタートは有効なのだ。

つけないと後悔しがちなメーカーオプション!

 一方、まだキーをシリンダーに差し込んで回し、始動させる“前時代的”なクルマは、同一車種の中にグレードによって存在する。同じグレードで選べるわけではなく、主に、廉価グレードにキーをひねる儀式が残されているというわけだ。

 自身のクルマも、キーをシリンダーに差し込み、回すタイプ。しかし、その数カ月後にプッシュスタートに仕様変更されたのだから、当時は「がっかり」。なんで教えてくれなかったんだ! と思ったものだ。

 が、キーを回す“前時代的”かつ面倒な仕様にも、少なからずメリットがある。まずは、今話題になっている、リレーアタック被害と無縁ということ。電子キーとスターターが通信されているから、リレーアタックされるわけで、キーを回すタイプはその点安心なのである。

 また、プッシュスタートだと、電子キーをポケットやバッグの中に入れたままでも、ドアのロック、アンロック、始動ができるのだが、その電子キーがどこにあるのかわからなくなることがある。が、キーを回すタイプなら、リモコンキーでもドアのロック、アンロックにキーのボタン操作が必要になり、始動するには必ずキーをシリンダーに差し込む必要があるため、キーが見当たらない……とアセることはまずなくなるのだ。

2)足踏みパーキングブレーキと電子パーキングブレーキ

 パーキングブレーキは、かつてのサイドレバー式や足踏み式から、自動、またはボタン操作でOKの電子パーキングブレーキに代わりつつある。足踏み式はセンターコンソール部分を有効に使え、ミニバンなどで1~2列目席スルーが可能になるなどのメリットがあるものの、けっこうな力で踏まなければならず、靴をひっかけたりするデメリットもあったりする。

 サイドブレーキを使った走行をするような人はともかく、電子パーキングブレーキはセンターコンソールまわりと運転席足もとがすっきりするし、停止時などに自動で作動するホールド機能があったりするから、いいことだらけ。ただ、デメリットとして、引く、踏む、という作業がないため、パーキングブレーキをかけた実感が薄いことと、その作動方法が統一されていないこと。上級車の多くは、エンジンを切ると自動でパーキングブレーキがかかり、Dレンジに入れて発進すれば自動解除となる。これが電子パーキングブレーキならではの便利さだ。

 が、なかにはパーキングブレーキをかけるのも、解除するのもスイッチ操作による手動というタイプも少なくない。かけ忘れや、発進しようとして電子パーキングブレーキがかかったまま……という場面もありがちなのである。同時に、オデッセイHVのように、スイッチの操作方向が逆のクルマもあるのでやっかい。一般的には、引き上げるとかかり、押すと解除されるのだが(サイドレバー式と同方向)、オデッセイHVは押すとかかり、引き上げると解除。オデッセイのガソリン車は足踏み式ブレーキなので、その動作方向に合わせているのだろうか? もちろん、理想は全自動である。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 11:41
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事