ここから本文です

フィッシャーズ「配信動画のアカデミー賞」に選出 ”アジアを代表するYouTuber”として世界へ

2019/12/6(金) 16:54配信

KAI-YOU.net

チャンネル登録者数586万人を誇る人気YouTuberのFischer's-フィッシャーズ-が、世界で注目されたYouTubeクリエイターを表彰する祭典「YouTube Streamy Awards」にノミネートされたことを報告した。

【画像】HIKAKINと肩を並べるフィッシャーズ

“動画界のアカデミー賞”と言われることもあるこのアワードにフィッシャーズがノミネートされたのは、アジア圏で注目を浴びたYouTubeクリエイターが集結する「International: Asia Pacific」部門。

この祭典にノミネートされている日本人YouTubeクリエイターは、フィッシャーズのみだ。

2019年最も視聴されたクリエイター9位にランクイン

フィッシャーズは、1年間の再生回数が19億、全世界9位にランクインしたことが12月5日に明らかになったばかり。

2019年は、期間限定のアスレチック施設「フィッシャーズパーク」開催、自分たちが主演をつとめるYouTubeのオリジナルドラマ『フィッシャーズと失われし碧き秘宝』の公開など、これまで以上に活発な展開を行った彼ら。

特に2019年の元旦に公開した、日本の人気YouTuberが多く出演した鬼ごっこ動画は、現在2200万回再生を超えている。

ほかにもコンスタントに投稿される動画で多く再生されていることが、ノミネートの理由としてあげられるかもしれない。

フィッシャーズは「皆さん普段から応援していただきありがとうございます!」と視聴者にもお礼。

シルクさんは「僕らだけでは当然できなかった」と切り出し、「YouTubeはアツい、そして日本のYouTuberも見られているんだな」「胸を張って恥ずかしい思いをしないように」と、日本代表としての思いを語った。

「YouTube Streamy Awards」はアメリカ・ロサンゼルスで現地時間12月13日に開催される。

吉谷篤樹

最終更新:2019/12/6(金) 16:54
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事