ここから本文です

デヴィ夫人の婚活論「最高の男性との幸せを絶対に諦めないこと」

2019/12/6(金) 22:11配信

with online

最高の男性との幸せを絶対に諦めないこと

今回のテーマは婚活疲れ女子にぜひとも読んでもらいたいデヴィ夫人からの応援メッセージです。自分が幸せになりたくて婚活をしているけど、辛いことや泣きたいこともありますよね。そんなみなさまへ夫人から愛のメッセージを頂いてきました。これを読んで自分の幸せを諦めずに頑張りましょうね。

【デヴィ夫人の婚活論】記事一覧はこちら

婚活に疲れても、幸せから逃げないで!

みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

最近、「婚活疲れ」している女性が多いという話を耳にいたしました。何度かうまくいかないことがあると、そこで諦めてしまったり逃げてしまいたくなる気持ちはわたくしにもとても理解できます。でも、運命の男性との幸せは絶対に諦めてはいけません。
今回はそんなみなさまにわたくしからエールを送りたいと思います。

先日、ITの神様と言われる世界で最も有名な起業家の一人、アリババ・グループ会長であり、ソフトバンク・グループの取締役でもあるジャック・マー氏が講演を行いました。今でこそ世界有数の企業だけど、アリババの創業メンバーは誰ひとり成績優秀な人はいなかったそうです。大切なのは頭の良さではなくて、突き進むやる気のみで、どんなこともできると力説していました。この言葉にわたくしはとても共感するものがありました。

バラエティ番組で体当たりチャレンジをする理由

わたくしはバラエティ番組でいろいろなことに挑戦しております。ポールダンス、ボルダリング、スカイダイビング、イルカに乗ってサーフィン、バンジージャンプに空中ブランコ。滝から滑り降りたり、泥温泉に浸かったこともあります。足も背中も傷だらけ。収録が終わった後はすごい青あざが体に何カ所も。こういうのは年齢を重ねると消えにくくなるのよね……。

「なぜそこまでなさるの?」「まるでお笑い芸人じゃありませんか?」こう言われるたびに、わたくしが答えることはひとつ。「他の人にできることが、わたくしにできないはずないわ!」わたくしのモットーは「何にでも挑戦すること」。だから同じ人間なのに、あの人にできて、わたくしにできないなんて! と気持ちが高ぶってくるのです。

そもそもわたくしは高所恐怖症……。ジェットコースターもダメだし、バンジージャンプなんてとんでもないわ。ある番組では高所恐怖症を取り除く催眠術をかけられて飛ぶという設定で、放送では「催眠術にかかって飛べた」となっていましたが、本当は催眠術なんてかかってなかったのよ!

催眠術師に恥をかかせるのも、監督さんがクビになるのも可哀想だと感じ、人助けのために恐怖心を心に閉じこめて無理やり飛んだのよ。「絶対に無理」と思っていたものができたときの充実感と達成感に比べたら、怖さや恐ろしさはなんてことないわ。やり遂げた後はまた何かチャレンジしたい気分になるの。それに苦しい仕事を終えて、夜に飲むシャンパンは最高だわ。こういう経験がわたくしを大きく強くさせているのです。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 23:49
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事