ここから本文です

「雑巾みたい」と罵られ……ク・ハラ、ソルリ自殺に見る、韓国芸能界が女性に強いる“矛盾”

2019/12/6(金) 11:00配信

文春オンライン

「もう、こんなことは起きないでほしい」

 11月、アイドルグループ「f(X)」の元メンバー、ソルリに続いて、ク・ハラの自死が伝えられると、韓国では多くの人から悲痛な声があがった。

【画像】インタビューに答えた、女性学のイ・ナヨン教授

 どんな思いだったのかは本人にしか分からない。しかし、韓国ではその背景を巡り、「ク・ハラを救えなかった私たちの宿題」(ニュース専門テレビ「YTN」)のように、ネットの悪意ある書き込みやそれを傍観していた韓国社会に問題を投げかける声が出ている。

 社会学、中でも女性学専門のイ・ナヨン中央大学社会学科教授に話を聞いた。

大手ポータルサイトに設けられた“窓”

 ソルリやク・ハラの死後、真っ先に取り沙汰されたのは、ネットへの書き込み問題だ。韓国の大手ポータルサイトでは検索語に上がったトピックについて書き込みができる通称「窓」が設けられており、24時間、絶え間なく書き込みが上がる。ソルリの死後、大手ポータルサイト「Daum」では芸能の書き込み欄が廃止されたが書き込みは止まらない。

「韓国社会ではオンライン文化が暴走しています。

 かつては記事別ではなく、メディアごとに書き込み欄が設けられていましたが、大手ポータルサイトが登場してから(2000年代以降)記事別に書き込み欄が設けられ、さらには、ポータルサイト自体に書き込みができる、“窓”ができました。コミュニティサイトも増え、コミュニティサイトの掲示板にも書き込みが集まります。今や、匿名でどこにでも書き込みができるようになっていて、それに人々が慣れてしまった。

 他人を品評して『いいね!』がつくことで他人に認められたいという“承認欲求”が満たされ、どんどん刺激的なものを書き込んでしまう。そして、それに共感を覚える人たちが集まり、さらに書き込みがエスカレートする。そんな現象を放置してしまった韓国社会に問題があります」

ク・ハラさんの性的な動画を判事が……

 ク・ハラもソルリも、悪意ある書き込みに悩まされてうつ病を患っていたといわれている。ふたりは親友でもあり、共に治療する仲間だったと報道された。ク・ハラは、昨年秋、元交際相手との間に起きたリベンジポルノ事件などで俎上に上がっていた。

「たとえ元気な人でもこれほどのことをされればうつ病にならない人などいないでしょう。それに、リベンジポルノというのは加害者から見た表現で、不法撮影流出物というべきです。

 ク・ハラさんの場合、被害者であるにもかかわらず(誤った報道から)非難された一方、加害者である元交際相手は報道でも匿名扱い。裁判では、加害者は脅迫などの疑いについては軽い量刑しかつかず、本人の意思に反し、ク・ハラさんにまつわる性的な動画を撮影した行為については無罪となりました。

 さらには、裁判を担当した男性判事が判決を下すのに不必要と思われる動画の提出を求め、それを視聴し、判決文にもク・ハラさんと元交際相手の間で起きたことの経緯を細かく記した。

 たとえ、撮影に同意したとしても、それを流出させることは不法です。それがどれだけ深刻な問題なのか、(判事は)認識していない。問題意識がない。それが男性中心の文化だからです」

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 12:51
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事