ここから本文です

政治動向が唯一のボラティリティー要素と言っても過言ではない クレジット市場からの警告

2019/12/6(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

(写真:週刊東洋経済)

<2019年12月14日号> 世界中の中央銀行による金融緩和が長引いたことで、クレジット市場(社債など信用リスクへの投資市場)のスプレッド(信用リスク対比の利ザヤ)は基本的に穏やかな形で推移している。クレジット市場のボラティリティー(変動率)は金融緩和の過程で低下し、発行体の財務指標が悪化してもスプレッドはあまり拡大しない。 本文:1,379文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

中空 麻奈 :BNPパリバ証券 投資調査本部長

最終更新:2019/12/6(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ