ここから本文です

スポティファイ「音楽業界の10年を振り返る」チャート発表

2019/12/6(金) 6:30配信

Forbes JAPAN

スポティファイは12月3日、過去10年間のストリーミング再生回数を総括するランキング「A Decade Wrapped」を公開した。このランキングは2010年以降の各アーティストや楽曲の再生回数を集計したものだ。

ここ10年で音楽シーンには様々な変化が訪れた。テイラー・スウィフトはあらゆるニュースサイトのヘッドラインを飾り、最も成功した女性アーティストとしての地位を確立した。ビヨンセとジェイ・Zは音楽業界で最も成功したカップルになった。

さらに、ここ10年で世を去ったアーティストも多い。エイミー・ワインハウスやクリス・コーネル、トム・ペティ、ジョージ・マイケル、ナタリー・コール、プリンス、アレサ・フランクリン、ホイットニー・ヒューストンらは、2010年以降に亡くなっている。

スポティファイのA Decade Wrappedは、過去10年の音楽業界を振り返るものとも言える。

2019年に最大のストリーミング再生回数を記録したアーティストはポスト・マローンだが、10年間のトータルでは、彼は3位となっている。アーティスト別で上位5位圏内に入った女性アーティストは一人のみで、アリアナ・グランデだった点も興味深い。

女性アーティストに限定すると、1位のグランデに次いでリアーナ、テイラー・スウィフト、シーア、ビヨンセの順だった。

楽曲別ではエド・シーランの「Shape of You」が過去10年で最も再生回数が多い曲になった。アーティスト別ランキングで2位だったシーランは、楽曲別ランキングの5位圏内に2曲を送り込んだ。下記に各ランキングのトップ5を掲載する。

過去10年間で最も再生されたアーティスト(総合)
1. ドレイク
2. エド・シーラン
3. ポスト・マローン
4. アリアナ・グランデ
5. エミネム

過去10年で最も再生された女性アーティスト
1. アリアナ・グランデ
2. リアーナ
3. テイラー・スウィフト
4. シーア
5. ビヨンセ

過去10年で最も再生された男性アーティスト
1. ドレイク
2. エド・シーラン
3. ポスト・マローン
4. エミネム
5. ザ・ウィークエンド

過去10年で最も再生された楽曲
1. エド・シーラン「Shape of You」
2. ドレイク「One Dance」
3. ポスト・マローン「Rockstar」
4. ザ・チェインスモーカーズ「Closer」
5. エド・シーラン「Thinking Out Loud」

Anna Ben Yehuda Rahmanan

最終更新:2019/12/6(金) 6:30
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事