ここから本文です

TikTokで中国の弾圧非難した少女「本当に大事なことを投げかけてみたかった」

2019/12/6(金) 23:57配信

Rolling Stone Japan

アメリカに住む17歳の少女、フェローザ·アジズは――本人曰く中国の検閲を逃れる手段として――TikTokに投稿したメイク講座動画に、中国のイスラム教徒ウイグル族の処遇に対する抗議メッセージをこっそり忍ばせた。

写真5点:環境問題に声上げる10代の活動家たち「政治的に可能かどうかでなく、何が必要か優先されるべき」

アジズさんはTikTok動画の冒頭で数秒間ビューラーを使って見せた後、新疆ウイグル族――イスラム教徒が大半を占める少数民族――の強制収容についてGoogleで検索するよう、人々に呼びかけた。ウイグル族は拉致やレイプ、暴力の末に強制収容所に監禁され、豚肉の摂取や飲酒など、イスラムの教義に反する行いを強要されているとアジズさんは主張する。「強制収容所行きになった人たちは、生きて帰ってこられません。これはホロコーストの再来です。でも誰も話題にしない。どうか目を向けて。そして周りにも広めてください」と言い、彼女は再びビューラーに言及して動画を締めくくった。

この後アジズさんはさらに2つの動画をTikTokに投稿し、ウイグル族救出に役立つ情報源を紹介。また、周囲に話題を広めるよう若者らに呼びかけた。「大人世代が持っていなくて、私たちが手にしている力、それがテクノロジーです」と言い、こう付け加えた。「私たちの声には、世の中を変える力があります」

ウイグル族は中国西部の新疆地区に暮らす少数民族。人権擁護団体は以前から、中国政府がウイグル族を劣悪な環境の「再教育施設」に収容していると主張してきた。元収容者らの証言によると、施設内では集団レイプや強制的な去勢手術などが行われていたという。こうした主張に対して中国政府は一貫して、施設は国内テロ組織や過激主義者に対抗するためのものだと主張し続け、一部報道陣に施設を公開した。しかし訪れた記者の多くは、取材時は人権侵害の証拠が綿密に隠蔽されていると主張している。

以来アジズさんのTikTokは広範囲に拡散され、最初の動画の閲覧回数は140万回以上に上った。17歳のアジズさんはローリングストーン誌との電話インタビューに応じ、前にもソーシャルメディアでウイグル族のことを投稿したことがあると語った。「でも、誰も耳を傾けようとしない。誰も気にかけないの」 。元々彼女がTikTokを使い始めたのはイスラム系アメリカ人向けに面白コンテンツを作るためだったが、新疆での人権侵害を訴える発言の場としてアプリを活用してみることにした。

1/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 23:57
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事