ここから本文です

「ユーベ移籍は挑戦じゃない」「真のロナウドはブラジルの…」イブラヒモビッチがCR7を扱き下ろす!

2019/12/6(金) 15:41配信

SOCCER DIGEST Web

ミラン復帰を念頭に置いた発言か?

 アメリカ生活に終止符を打ったズラタン・イブラヒモビッチは、イタリア誌のインタビューで、セリエA復帰を示唆した。実現すれば、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドとの対戦も期待される。

【動画】イブラヒモビッチの圧巻すぎるボトルキャップチャレンジはこちら

 ただ、イブラヒモビッチは、以前からC・ロナウドに厳しい言葉を突き付けてきた。C・ロナウドのライバルであるリオネル・メッシを称賛し、レアル・マドリーを退団した昨年、ルカ・モドリッチがバロンドールを受賞した時も、「クリスチア―ノがバロンドールを獲れたのは(マドリー会長の)フロレンティーノ・ペレスのおかげだと分かった」と口にした。

 38歳になった今も、イブラ節は健在だ。『Gazzetta dello Sport』紙によると、イブラヒモビッチは『GQ』のインタビューで「真のロナウドはブラジルのロナウドだけ」と述べた。

 さらに、イブラヒモビッチは「ユベントス移籍が挑戦? セリエAで7連覇したチームなのに? そういうクラブに行くのは、挑戦ではない」と続けている。

「新たな挑戦を求めていたというのなら、セリエBに降格した時にユーベに行き、セリエAに引き上げ、トップレベルに戻さなければいけなかっただろうね」
 
 同じ『GQ』のインタビューで、イブラヒモビッチは「再び勝たなければいけないクラブ」に行くと話しており、近年低迷が続く古巣ミランへの復帰が有力視されている。C・ロナウドに対する発言は、ミランを浮上させるという“任務”を念頭に置いてのものだったのだろうか。

 ちなみに、イブラヒモビッチはユーベが不正スキャンダルでセリエBに降格した2006年の夏、ユーベからインテルに移籍している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/6(金) 19:05
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事