ここから本文です

【世界ハンド】おりひめJは「勇敢に戦った」 番狂わせ阻止、リオ女王・ロシアが日本の速攻を称賛

2019/12/6(金) 10:33配信

THE ANSWER

同点で前半終了、ロシアが後半に10点差で貫録示す

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

【動画】17人の“ハンド女子”の奇跡はこう生まれた…茨城県立麻生高校女子ハンドボール部の練習風景


 ロシアは日本の大番狂わせの雰囲気を打ち消した。リオ五輪金メダルで世界選手権7度の優勝を誇るロシアは、前半は日本の速い攻撃に苦戦。14-14の前半26分には一時逆転を許した。開催国を相手に16-16で前半を折り返したが、後半は日本にプレッシャーをかけて主導権を握った。日本にミスが目立つと、容赦なくフィジカルを生かしたプレーで得点を量産。後半に10点差をつけ、無傷の4連勝を飾った。

 試合後、ロシアのマーティン・セドレス・ヘッドコーチ(HC)は「とても良い試合だった。日本チームも前半は善戦して、我々は難しい状況になった。勝てたチームにお祝いを伝えたい」と安堵の表情。さらに日本の速攻に苦戦したことを認めつつ、主導権を握ることを意識していたことを明かした。

「速い展開で見ていて良い試合だった。日本は勇敢に戦った。(自分たちは)特に大きなプレッシャーを前半は感じていた。攻防が難しくなったのが前半。後半は切り替えられた。後半が鍵となった試合ですね。(ロシアの)後ろの選手も真ん中に来て試合を進められた。目指したのはリズムをしっかりと保つこと。試合の主導権を得ることで勝利を得ようとした。非常に速い展開の試合になった」

ロシア選手、開催国の勢い実感「ホームなので全力だったと思う」

 LBのアンナ・センは186センチの長身を生かし、日本ディフェンスの上からシュートを叩き込むなど得点を量産。両チーム最多の8得点でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。貫録を示す試合だったが「日本はいいチームだった」と敬意を払い「私たちはディフェンスで問題を抱えていた。なぜかというと、前半はとても速い攻撃だったから」と日本を評価した。

 RWのフォミナ・オルガも「日本チームが非常に勇敢に戦ったことで、善戦となった。日本のホームなので全力だったと思う」と開催国の勢いを実感。「私たちもいいスピリットで全力を尽くした。私たちはお互いの信頼が良い試合をもたらしたと思う」と振り返った。

 ロシアは開幕4連勝で首位とし、2次リーグ進出が決まっている。6日の1次リーグ最終戦では、同じく4連勝のスウェーデンと順位を懸けて対戦。センは「もちろん、全ての大会で勝ちたい。ここ(胸)に金メダルを掛けたいわ」と優勝を宣言した。

【大会方式】
 1次リーグは24か国が4組に分かれ、総当たりで各組上位3チームが2次リーグに進出する。勝ち点は勝ち2、引き分け1、負け0。2次リーグは12チームが2組に分かれ、各組上位2チームが準決勝へ。2次リーグ進出を逃したチームは順位決定戦に回る。

THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada

最終更新:2019/12/6(金) 11:21
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事