ここから本文です

【世界ハンド】おりひめJ、後半失速に危機感 女王に物怖じ、涙を溜めた主将「プレー以前の問題」

2019/12/6(金) 12:33配信

THE ANSWER

後半にミス連発、永田主将「何のために出ているか。責任持ってプレーしないと」

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は5日、D組の1次リーグ第4戦(パークドーム熊本)で同2位のロシアと対戦し、23-33で2連敗となった。1試合を残して2勝2敗の勝ち点4で6チーム中3位。敗れたものの、日本戦の直後にアルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、ロシアとスウェーデンの4連勝チームとともに日本の2次リーグ進出が決定した。6日の最終戦は世界ランク20位の中国と対戦する。

【動画】17人の“ハンド女子”の奇跡はこう生まれた…茨城県立麻生高校女子ハンドボール部の練習風景


 後半の失速で悔しさをにじみ出した。リオ五輪金メダルで世界選手権7度の優勝を誇るロシアに対し、前半は持ち味の速い攻撃で勝負。序盤から追う展開となったが、前に出た相手GKの意表を突く佐々木春乃のループシュートなどで得点を重ねた。

 13-14の前半25分には永田しおりのゴールで同点に追いついた。主将が吠えた。チームを盛り立てようと両腕を掲げてガッツポーズ。相手にタイムアウトを取らせると、再開直後には河田知美が相手の反則を誘い、7メートルスローを獲得した。佐々木が冷静に決めて逆転に成功。世界トップの強豪に16-16で折り返した。

 しかし、後半は相手の圧力もあり、自軍のミスが目立った。徐々に地力の差を見せられ、前半の大善戦も及ばず2連敗。後半に10点差をつけられた。永田は試合後の取材エリアで目を潤ませ、時折言葉を詰まらせながら振り返った。

「前半よかった分、後半もその調子を維持したかったけど、ミスで立て直せなかった。メンタルもそうだけど、出ている選手が何のために出ているか。責任を持って、自信を持ってプレーしないと。それができていなかった。やっぱり……。こんな試合をしたら、次も勝てないと思う。そこをどう感じられるか」

 番狂わせの期待を膨らませた前半の30分間。しかし、残りの30分はミスでボールを失い、女王の堅実なボール回しと当たり前のように突破してくるフィジカルの強さに対抗できなかった。「大きい分、パワーで来るのはわかっていた。それに対して引いていた。ちょっとでも遅れたらやられる」。開幕直前に負傷離脱した原希美に代わって任された主将。責任感が胸の内を占めた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 12:33
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ