ここから本文です

久米田康治「かくしごと」が2020年4月よりアニメ化決定!メインキャストには神谷浩史、高橋李依が決定

2019/12/6(金) 0:00配信

ザテレビジョン

久米田康治による「かくしごと」が2020年4月から放送されることが決定した。あわせてキービジュアル、PV、メインキャストが公開となった。

【写真を見る】父娘の間にある“隠し事”とは!? エモーショナルなPVに仕上がっている

同作は、「さよなら絶望先生」、「かってに改蔵」などの久米田康治による漫画が原作。娘に自分が下ネタギャグを描く漫画家であることを隠し続けながら生活する父、後藤可久士とその娘・後藤姫との生活を描いた、愛と笑いちょっと感動の漫画家パパ×娘物語。

メインキャストには、父・後藤可久士役にもはや久米田作品にはおなじみとなった神谷浩史、そして娘・姫役に高橋李依が決定した。

公開されたキービジュアルでは、可久士と姫が浜辺で向き合うイラストになっており、背景にはランドセルやおもちゃ…そして原作ファンならばピンとくる、とある“謎の箱”が見ることができる。

さらに、ティザーPVも公開され、美しくエモーショナルとなっており、後藤姫の声をあてる高橋李依のボイスも初公開となっている。

■ 神谷浩史コメント

――本作の印象

久米田先生ご自身をモデルにした漫画家マンガで、いつもの通りの久米田作品で間違いないのですが…テーマと(シモ)ネタのクオリティ、そしてコミックスの書き下ろしで展開する数年後の物語と…今までのいいとこ取りの集大成のように感じました。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

コミックス第1巻が発売するタイミングでCMの声をやらせていただきましたが、今回アニメになるにあたってオーディションを受けさせていただきました。父親の顔、そして仕事人としての顔と…後藤可久士の方向性の違う面倒なところが表現できればと思っています!

■ 高橋李依コメント

――本作の印象

オーディションを受ける際に読ませていただいたのがきっかけだったのですが、その時から脳内でアニメが再生されるくらい、キャラクターが生き生きとしていてテンポが良くて! 会話もかわいくていとおしくて…、クスッと楽しめるのに最後にはほっこりする、不思議な作品だなぁという印象です。

――演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

子どものかわいらしいところを全部詰め込んだような、まさに「愛娘」という言葉がぴったりな印象です。

ただ、子どもという枠組みの中に、姫ちゃん自身が上手に収まっていようとしているような賢い印象もあり、その絶妙なバランスの魅力を引き出せるよう努めたいです。

■ 後藤可久士(ごとうかくし)

△漫画家。かつて「きんたましまし」なる作品でヒットを経験。現在は豪談社の「週刊少年マンガジン」に、下ネタ多めな「風のタイツ」を連載中。一人娘の姫を愛するあまり、自身が描いている漫画のことを隠し続けている。

■ 後藤姫(ごとうひめ)

△可久士の娘。小学4年生。ぱっつん前髪がトレードマーク。いくどとなく可久士の仕事がバレそうな状況に居合わせるが、知ってか知らずか、気付かないままの日々を送る。父親思いで、しっかり者な一面も。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/6(金) 0:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事