ここから本文です

“怪演女優”松本まりか『ドクターX』での存在感に絶賛の声「魔性っぷり、さすが!」

2019/12/6(金) 10:11配信

ザテレビジョン

米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第8話が12月5日に放送され、ゲスト出演した美人女医・中山麻里亜を演じた松本まりかの存在感に、視聴者から絶賛の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】大門未知子(米倉涼子)とバチバチの火花を散らす中山麻里亜(松本まりか)

■ 「お願いします、助けて…」

同ドラマは、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が孤高の戦いを繰り広げる人気シリーズの最新作。

第8話では、元ミス東帝大でアメリカでは“失敗しないプリンセス”と呼ばれた美人外科医・中山麻里亜(松本)が東帝大病院の医局に現れた。

アメリカで数々の難手術を成功させてきたと評判の麻里亜だが、実は「お願いします、助けて…」という“失敗しない呪文”を使って周囲の男性たちを手玉にとり、彼らにオペを“代行”させてきた魔性の女。オペが下手なことを未知子に指摘されても「私、ヘタでも失敗しないので」と開き直った。

8話終盤ではそんな化けの皮もはがれ、“政界のプリンス”と呼ばれる大物政治家・八村正義(竹財輝之助)の手術中にもかかわらずオペ室に取り残されてしまった麻里亜。未知子が代わりに執刀し八村の命は助かったものの、院内での“失敗しないプリンセス”の評判はガタ落ち…。

だがラストでは、未知子に「ねぇ、もう医者やめたら」と言われると、待ってましたとばかりに「やめます、大門先生に言われなくても。あたし、結婚するので!」と、まさかの八村との結婚を宣言!悪びれるどころか、最高の笑顔を見せた。

■ 改めて未知子のカッコよさに気づくファンも

放送前には「米倉さんが『このシリーズ7年やってきたけど初めて、負けたーーーっ!!』っておっしゃったことです。もちろん冗談でおっしゃったのですが、現場が笑いに包まれ、“秩序を乱すイケナイ子”を演じ続けた私にとって、救いの言葉でした」とコメントしていた松本。

そんな松本演じる麻里亜が華麗に未知子を出し抜くラストに、視聴者からは驚きと喝采の声が続々!「松本まりかサマの魔性の女っぷり、さすが!」「未知子と堂々渡り合ってた!」「未知子に『失敗しないので』を言うキャラが現れるとは」といった“麻里亜派”の声でにぎわったほか、「大門未知子のカッコよさを再発見した!」「やっぱり“失敗しないので”は未知子の真骨頂」など、大門未知子の魅力に改めて気づいたという声も。

ドラマ「ホリデイラブ」(2018年、テレビ朝日系)や「奪い愛、夏」(2019年、AbemaTV)で話題を集めた“怪演女優”が、人気シリーズ「ドクターX」でもしっかりと爪痕を残したようだ。

■ 第9話あらすじ

日本が誇るロックスター“勇チャン”こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院する。九藤の大ファンである原守(鈴木浩介)は、主治医を任され有頂天に!

同じ頃、デビュー曲の再生回数9億回を誇る若きシンガーソングライター・新津多九也(川谷絵音)も「東帝大学病院」に極秘入院。九藤に用意されていたのは一般の病室であるにもかかわらず、VIP患者用の特別室は新津のために使われており、それをたまたま九藤が知ってしまったことで、気まずい空気が流れる。

未知子は、九藤が時折見せる“ある症状”が気になっていた。「すぐ検査しよう。急がないと手遅れになる」と説得を試みる未知子の言葉にもまったく耳を貸さない九藤。だが検査の結果、後腹膜肉腫ステージIIIと判明する。それは、かつて未知子が過去に侵された病だった…。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/6(金) 10:14
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事