ここから本文です

池田エライザ、背中を押してくれたエレカシ・宮本浩次は「私にとって恩人です」

2019/12/6(金) 17:12配信

ザテレビジョン

12月5日、東京・渋谷のNHKホールで、リリー・フランキーと池田エライザがMCを務める音楽番組「The Covers’ Fes.2019」(12月22日[日]夜10:50-0:20、NHK BSプレミアム)の公開収録が行われた。

【写真を見る】大胆に肩を出したドレス姿の中山美穂

「The Covers’ Fes.2019」は、アーティストが名曲のカバーを披露する「The Covers」(毎月最終日曜夜10:50-11:50、NHK BSプレミアム)の年に1度のスペシャルフェス。

6回目となる今回は、GLIM SPANKY、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、フジファブリック、宮本浩次、中山美穂(スペシャルゲスト)、スターダスト☆レビュー(レジェンドゲスト)が出演する。

2019年、ソロ活動をスタートさせたエレファントカシマシのボーカリスト・宮本は、自身のソロ曲「冬の花」を熱唱。渾身のパフォーマンスで会場を圧倒した。

NHKホールのステージに立つのは1994年の「NHK紅白歌合戦」以来という中山は、大胆に肩を出した白いドレスで登場。

大ヒット曲「世界中の誰よりきっと」や、2019年リリースのアルバムから「君のこと」を披露した他、FLYING KIDSの浜崎貴司と「幸せであるように」をコラボした。

■ 一夜限りの豪華ステージ!

終盤では、MCの池田も江利チエミの「カモンナ・マイ・ハウス」を歌うことに。

それまで着ていたシックなロングドレスから一転、水色とオフホワイトのフリンジ付きミニドレスに身を包み、コケティッシュな歌とダンスで魅了した。

実は池田が人前で歌うようになったのは以前、「The Covers」に出演した宮本が「池田に歌ってほしい昭和の歌謡曲」として久保田早紀の「異邦人」を挙げたことがきっかけ。

この日、「カモンナ・マイ・ハウス」を歌い終えた池田は、自分の背中を押してくれた宮本に「私にとっては恩人です」と感謝の言葉を伝えた。

番組では他にも、田島による布施明の「君は薔薇より美しい」や、フジファブリック、GLIM SPANKYによる荒井由実の「ひこうき雲」「翳りゆく部屋」、スターダスト☆レビュー「夢伝説」など一夜限りの豪華なステージが繰り広げられる。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/6(金) 17:12
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事