ここから本文です

恵比寿マスカッツの12年、成功した初代&第2世代へのエール…総合演出・マッコイ斉藤が振り返る

2019/12/6(金) 12:45配信

ザテレビジョン

2008年4月、テレビ東京のバラエティー番組「おねがい!マスカット」を母体として誕生した恵比寿マスカッツ。AV女優、グラビアアイドル、モデルを本業とするメンバーで構成されたユニットは、持ち前の根性でバラエティー力を高めた一期生を中心に、同番組の後継シリーズ番組などでメンバーを追加しながら人気を誇る。そして地上波でのバラエティー番組が終了し2013年4月に初代・恵比寿マスカッツも解散した。

【写真を見る】マッコイ斉藤いわくマスカッツを立て直した存在、市川まさみ(写真右)

その後、2015年9月に第2世代・恵比寿マスカッツが結成され、「恵比寿★マスカッツ」として再スタートを切った。2015年10月から「マスカットナイト」シリーズ番組が開始。2017年10月には初代で活躍したみひろが加わり「恵比寿マスカッツ1.5」とユニット名を改名、PTAとして2018年1月まで蒼井そら・麻美ゆま・Rioが番組に参加した(地上波放送番組は2017年12月に放送終了)。

2017年11月にはAbemaTVで初冠番組「恵比寿マスカッツ 1.5 真夜中のワイドショー」を配信(今年8月まで)、2018年5月からはBSスカパー!で「恵比寿マスカッツのすぽスポSPORTS」を放送(今年3月まで)。メンバーの増減を経て、2018年8月には初代のユニット名「恵比寿マスカッツ」に戻すことに。現在は、今年10月より開始したAbemaTVの「恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会」を配信中。

初代結成から12年経った今、第2世代・恵比寿マスカッツは12月27日(金)に神奈川・川崎にあるCLUB CITTA'で動員数1300人が目標のビッグライブを予定している。ライブ開催に先駆け、恵比寿マスカッツ総合演出を担当するマッコイ斉藤に、初代の解散、メンバーの変化、ユニットのあり方などを聞いた。また、インタビュー時に同席された、ユニットを見守ってきた運営の“山根のババア”こと山根愛美からもコメントをもらった。今回はインタビュー『前編』をお届けする。

■ 総合演出は、“嫌われ者”

――長年ユニット関わられていますが、総合演出はどのような役割なんでしょう。

元々は番組とともに始まったユニットで、もうかれこれ12年になりますが「総合演出」ってとにかく全部に関わるんです。信念がブレたらやってられない仕事ですし、嫌われ者にならないといけない役割ですよ。

――そうなんですか!?

初代メンバーで、現役メンバーでもあるみひろにも、嫌われてたんじゃないかな(笑)。最初は“やんちゃな気の強いお嬢ちゃん”でしたけど、今は“気の利くお姉さん”ですね。今は一番仲が良くて、俺が何したら喜ぶかを分かってくれています(笑)。

今はユニットにとって“37歳”の彼女は大事な存在です。

先日フィリピンのイベントに参加して、うちのユニットが一番盛り上がったんですけどね。20代前半のメンバーのユニットが多い中、「“37歳がいるアイドルユニット”ってすげーな」「40歳くらいまでアイドルやってくれないかな」って思いましたよ(笑)。

初代では卒業が早かったですが、今の第2世代では一番チャレンジしてくれる面白さがある。37歳でもアイドルとして許される、っていうのがマスカッツの魅力の一つですね。

■ 成功した初代の後、第2世代での苦労

――大変な時期はありましたか?

「恵比寿マスカッツ1.5」は正直、一番厳しい時期でした。最初は頑張ってましたけどね。葵つかさとか面白かったし、マスカッツらしいアホなリズムがありましたが、メンバーの入れ変わりも激しくて大変でしたね。

――初代は男性ファンが中心だったのが、現在は女性も増えた印象がありますがいかがでしょうか。

初代のファンは今ほとんど残っていないと思っています。帰ってきているファンの方も一部いらっしゃるとは聞いていますけどね。一般的に第2世代って何をしても大変で、メンバーも大変だったと思います。だから今残っているのは筋金入りの根性がある子ばかり。

でも、そういう苦労も含めて頑張ってる姿に、同性のファンが共感してくれたのかもしれません。

4人目のリーダーの明日花キララが辞めてから、みんな「今のままじゃダメだ」って危機感を持ったんです。明日花はバカでしたけど…世間への存在感と、面白さはありましたからね。

特に、責任感の塊ともいえる現リーダーの市川まさみ。彼女と吉澤友貴、この2人が背中で語って、今のユニットを引っ張ってくれるようになって。

初代メンバーだと希志とRio、現役メンバーだと市川と吉澤くらいです、「すげーな」って思うのは。

■ 現リーダー・市川まさみの奮闘ぶり

――現リーダーの市川さんはどんなリーダーでしょう。

市川は、人柄がよくて優しい、そして不器用だけど、一生懸命やるから応援したくなる。彼女はこれまでちゃんと苦労してる、現代版の「おしん」みたいな子で、5人目のリーダーに選んだ時に適任だろうと思っていましたけど、彼女で良かったです。スタッフにもメンバーにも愛される存在ですね。

■ 初代リーダーの偉大さ

――初代のリーダーの印象も聞いていいですか?

全員違いますが、みんなイイ味持ってます。

蒼井は初代から一番つらい時をやってくれたので、もう別格の存在ですね。

麻美ゆまちゃんは、いい意味で天然でハチャメチャすぎるから、周りが「リーダーを守ってやろう」って気持ちになるんです。プレッシャーもあったでしょうが、負けん気が強いし、やる時はやる子。みんな笑っちゃうくらいのパワフルリーダーでしたね。

希志あいのは、リーダーとしての質、『我慢する』『伝える』『感じる』力を持っていて…野球でいうと走攻守そろったリーダー。そして何事もファンやメンバーのために率先してやる、自分は二の次。周りが話しかけやすい隙も作っていて、何の仕事をしても成功する人です。

――メンバーが育つ実感ってどんな時でしょうか。

初代は3年目くらいから、メンバーの考えや質が変わっていきました。4年目からは絆や団結力が生まれて6年目に突入して、初代は良い時期に解散したと思います。今でも初代は仲良いですしね、俺のところにも結婚の報告や子供を見せに来てくれて、やっぱりうれしいですよ。

■ 初代解散から第2世代始動まで

――初代を解散して、2年半の休止期間を経て再始動されましたが、その経緯は?

AV女優の子や、くすぶってるグラビアアイドルの子たちに、「また日の目を見せてあげる場所を作りたい」って初代運営から話をもらって。

実はその時、歴代のリーダーである蒼井、麻美、希志に呼び出されたんです、「何で第2世代をやるんですか」「またやるなら、なぜ解散させたんだ」って。ちゃんと気持ちを話したら「だったら応援する」って納得してくれて今も応援してくれていますが、彼女たちの応援がなければ、正直こんなに頑張れていなかったかもしれません。

――オファーがあって、すぐにOKしたんですか?

最初は戸惑いましたけど、僕も気持ちは一緒だったので。初代メンバーは愛情を持って演出してましたけど、「またゼロからやるのはどうなんだろう…ま、いっか!」って、軽い気持ちで受けました(笑)。

僕は演出にあたって、全員のプライドを最初につぶすんです、初代の時もそうでした。チームで戦うやり方を覚えてもらってから、個人を育てていく。

初代は叩いた時にも諦めなくて、「なにくそ!」って思って自分たちで「壁を壊してやろう」って勢いで突っ走ってくれました。第2世代では、壁が壊せなくて1~2年で続々卒業して、大変な時に市川が加入してから立て直してくれて、メンバーが一生懸命頑張るようになった気がします。

デジタル社会になって、人への伝え方がヘタになったと思うんですよ。SNSで悪口言ったり、ケンカする意味が本当に分からない、でもいざ面と向かうと泣いてしまったりしてね。

だから第2世代は、イチからというよりマイナスからのスタートだった気がしますね。

――PTAとして蒼井さん、麻美さん、Rioさんが参加していた時期の意図は?

当初はまだ現役メンバーに甘さみたいなものがあって、ユニットがつぶれてしまうと感じた時に、初代が持っていた思いや絆、チーム感を植え付けられたらと…。僕よりも、元メンバーの3人が話した方が伝わるじゃないですか。

(山根:そして蒼井さんは“ヘッドコーチ”として、子育てもしながら、今はAbemaTVで配信中の番組の企画会議に参加してくれています)

※インタビュー後編へ続く(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/28(土) 21:57
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事