ここから本文です

「信じられない大失策」 伊サッカーで“10秒5連続ミス”の伝説級珍事「世界中で笑い」

2019/12/6(金) 11:01配信

Football ZONE web

イタリア8部リーグで生まれた珍プレー、守備陣の3連続ミスにシュートミスが連鎖

 イタリアサッカー界で起きたプレーが世界中に拡散し、「信じられない大失策」と大きな注目を集めている。わずか10秒あまりで、ミスが両軍合わせて5回続く“伝説級の珍事”に「世界中で笑い」と反響は拡大の一途を辿っているようだ。

【動画】「信じられない大失策」「世界中で笑い」と大反響! 両軍合わせて“10秒で5連続ミス”の伝説級珍プレーの瞬間

 珍プレーが起きたのは、11月24日に行われたイタリア8部マラテア対ラトローニコ(6-4)の一戦だ。1-1と緊迫感が漂う試合展開のなか、ラトローニコが前線にボールを供給。しかし、マラテアの守備陣が反応して攻撃を食い止めたかに思われた。

 ところが、ここからまさかの展開が続く。クリアを試みたマラテアの1人目が豪快に空振りすると、カバーに入った2人目がGKにバックパス。しかし、これもしっかりとミートせずに、中途半端な形で転がった。そこに猛然と走り込んだのが、ラトローニコFWエブリマ・ンジエだ。

 相手GKが飛び出して決死のクリアを見せるも、ボールはンジエに当たって無人のゴール方向へこぼれる。守備陣の3連続ミスという滅多に起きない好機が訪れ、ンジエが難なくゴールを決めると見られた。しかし、ハプニングはまだ終わらない。フリーの状態で放ったンジエのシュートはバーを直撃。こぼれ球を再びヘディングシュートで狙ったが、これは無情にもゴール上へ外れた。

オランダメディアも衝撃「これほどの多くのミスが連続して起きたことはない」

 オランダメディア「Sportnieuws」は「サッカーの試合で、これほどの多くのミスが連続して起きたことはない」と指摘。またペルー紙「LIBERO」は「5連続で失敗した信じられないほどの大失策」と衝撃を受けた様子で、「記憶に残るポジティブなものだけでなく、珍しさのために笑いを生み出す興味深いアクションもある」と続けた。

 さらにアルゼンチンの電子紙「24con」は「チャンスを逃した後、信じられずにアタッカーは地面に横たわった。しかし、その時点で彼はすでに世界中で笑いを引き起こすと想定すべきだった」と言及。悔しさを露わにしたンジエの行動に触れている。

 予想外の連続ミスは世界中のメディアから注目を浴びており、しばらく反響は続きそうな気配だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/6(金) 11:58
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事