ここから本文です

激戦必至のJ1最終節、優勝争い&残留争いの行方は? DAZNがデータに基づき結果予想

2019/12/6(金) 19:18配信

Football ZONE web

横浜FM対FC東京の優勝争い“直接対決”をはじめ、注目5カードの結果を予想

 J1リーグ戦は7日、ついに2019シーズンの最終節を迎える。横浜F・マリノスとFC東京の優勝を懸けた直接対決や、白熱の残留争いなど、数々の見どころが挙げられるが、Jリーグ全試合を放送する「DAZN」は「ダゾーン・トト・チャレンジ」と題して、注目5試合の勝敗をデータに基づいて予想。激闘必至のJ1最終節を展望している。

【動画】J1優勝争い、残留争いの行方は!? DAZNがデータで予想するJ1最終節注目カードの結果

 今回、「DAZN」が予想したのは浦和レッズ対ガンバ大阪、清水エスパルス対サガン鳥栖、名古屋グランパス対鹿島アントラーズ、横浜FM対FC東京、そして松本山雅FC対湘南ベルマーレの5試合。いずれの試合も優勝か残留が懸かる、各クラブにとっての大一番だ。

 最大の注目はやはり、優勝を懸けた横浜FM対FC東京だろう。横浜FMは2004年以来15年ぶりの、FC東京は初の優勝を狙い、日産スタジアムでの一戦に備える。横浜FMは引き分け以上なら文句なし、負けても3点差以内なら優勝決定。一方のFC東京は4点差以上での勝利が必要であり、両チームの立ち位置には大きな差がある。

 横浜FMの今季ホーム勝率は68.8%、1試合平均得点は2.13点と高い水準を誇り、直近5試合は全勝。対するFC東京はアウェーでの勝率が43.8%と芳しくなく、1試合平均得点も1.06と大量得点が必要な試合に向けて不安が残る。これらのデータを踏まえてDAZNが算出した予想スコアは、横浜FMの3-1での勝利。果たして、この予測どおりに横浜FMは戴冠に成功するのだろうか。

 浦和対G大阪のカードは、かつて横浜FMが2003、04年とリーグ連覇を果たした後のJ1を牽引した両雄の対戦だ。06年には勝ち点3差を追うG大阪が最終節で今回と同じカードに臨み、3点差以上での勝利による逆転優勝を目指した。しかし、結果は浦和の3-2での勝利を収めて初優勝。今節の横浜FM対FC東京と状況が重なるところもあるだけに、このカードが同日に組まれていることは興味深い要素でもある。

 通算成績では浦和の21勝11分23敗とほぼ互角だが、今季のホーム勝率は25%、1試合平均得点0.88点と苦しんでいる。G大阪もアウェー勝率25%と厳しいことに変わりはないものの、1試合平均得点は1.44点。DAZNはこうしたデータからG大阪の優勢と、1-0での勝利を予想している。

1/2ページ

最終更新:2019/12/6(金) 20:08
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ