ここから本文です

“隠れビッチ”を演じた佐久間由衣、『ViVi』卒業当時と今の心境の変化

2019/12/6(金) 8:45配信

bizSPA!フレッシュ

お笑い芸人になるのが夢だったことも!?

――振り返ってみると、“隠れビッチ”として男性を翻ろうできたことへの面白さや楽しさというのはありますか?

佐久間:楽しかったですよ。貴重な体験でしたね。片桐仁さん、栁俊太郎さん、戸塚純貴さんといった個性豊かなキャストのみなさんを役の上でですが、手玉に取って転がす、というのは、なかなかできないことなので(笑)。

――男性たちの前での“隠れビッチ”な姿とは違って、シェアハウスで一緒に暮らすコジ(村上虹郎)や彩(大後寿々花)の前ではがさつな姿を見せていました。がさつな部分の象徴としては鼻ほじシーンもありましたね(笑)。

佐久間:ふざけていますよね、あれ。楽しかったですけど(笑)。あれは三木(康一郎)監督のアイデアです。でもなぜだか分かりませんが、地元の友達やこの業界でも仲のいい友人には、シェアハウスでの姿が素だよねと言われました(苦笑)。

 さすがに鼻ほじほじはしないですけど、お笑い芸人になるのが夢だったこともありますし、そういうときの自分を知っている子や、いつも一緒にふざけて遊んでいる子からは、あれが素だよねと言われましたね。私としてはかなりデフォルメしているとしておきたいです(笑)。

やっているときはすごく苦しかった

――完成した作品を観て、ひろみに感じたことを教えてください。

佐久間:客観的には見られないです。やっているときはすごく苦しかったです。その分、それも含めて青春でしたが。すごく仲のいい子がひろみのような子だったら、コジみたいに捕まえて説教すると思いますが、でもひとつの考えしか見えていないときって、人の意見も聞こえなくなってしまうので、その子自身の目が覚めるまで待つかなと思います。

――コジや彩のような友達がいてよかったと感じました。

佐久間:それはやっていてもすごく感じました。(彼女の性格に影響を与えた)お父さんに会いに行くシーンなんかは、ふたりのことがずっと頭にありました。ひとりだったら耐えられなかったと思います。

2/3ページ

最終更新:2019/12/6(金) 8:45
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事