ここから本文です

アーセナル、OBでニース指揮官のヴィエラ氏と接触か。9シーズンで391試合に出場

2019/12/6(金) 6:40配信

フットボールチャンネル

 アーセナルの新監督に現ニース監督のパトリック・ヴィエラ氏が最も近い位置にいると5日付けの仏紙『ニース・マタン』が報じている。

【写真】アーセナルからのランクインはあるか? 19/20サッカー選手能力値ランキング1位~100位

 同紙ではアーセナルはヴィエラ監督とコンタクトを取っていること、またヴィエラ監督自身もアーセナル監督就任に意欲的であると伝えている。なおニースはヴィエラ監督と2021年まで契約を結んでいるが、違約金を支払えば契約を解消する準備もあるようだ。

 ヴィエラ監督は1996年から2005年までアーセナルでプレーしていた。アーセナルでは主将も務めるなど通算391試合に出場しリーグ優勝3度を含む10個のタイトル獲得に貢献した。

 現役引退後はマンチェスター・シティの下部組織で指導者としてのキャリアをスタートさせ2016年から2018年6月まではメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティで監督を務めた。そして2018年7月からはニースの監督に就任し、今季は16試合を消化した時点で14位となっている。

 現在指揮を取っているフレドリック・ユングベリ暫定監督がこのまま続ける可能性もあるなかで、ヴィエラ氏の15年ぶりの古巣復帰は実現するのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/6(金) 7:45
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事