ここから本文です

「M-1」準決勝は優勝候補が敗退。「大波乱の理由」をユウキロックが徹底解説

2019/12/6(金) 15:52配信

週刊SPA!

 12月4日、「M-1グランプリ2019」準決勝が竹芝にあるNEW PIER HALLで行われた。今年はM-1史上初の試みであるライブビューイングも開催し、全国の映画館に多くの方が足を運んだ。私、ユウキロックも例年は会場で観戦していたのだが、今年は仕事の関係で間に合わないことになり、ライブビューイングで観戦。満席の会場は大いに盛り上がっていた。

⇒【写真】決勝進出を逃した「ミキ」他、準決勝進出した芸人たち

 まず、ここで「M-1グランプリ」の審査基準を確認したい。

審査基準「とにかくおもしろい漫才」

 これだけである。たったこれだけだが、これがいちばん大変なのだ。しかし、史上最多5040組の中から選ばれた26組である。全組この審査基準をクリアしている。ならば、何が「準決勝」の明暗を分けたのか? 思いつく要素を書き出してみた。

① 新鮮さ
② 当日のネタの出来
③ コンビ歴
④ 芸歴
⑤ 所属事務所の偏り
⑥ 上積み
⑦ 「『M-1グランプリ』は『テレビ番組』だ」etc.

 列挙すれば切りがないが、こういったものの「バランス」は必ず重視されるはずだ。その中でも、昨年の大会、平成生まれの「霜降り明星」が「和牛」「ジャルジャル」「かまいたち」「スーパーマラドーナ」という関西出身の腕の立つ先輩漫才師たちを打ち破り、史上最年少優勝を飾ったインパクトは大きく、そこから始まった「お笑い第7世代」という波が「M-1グランプリ」をも飲み込み、「新鮮さ」が常連組を飲み込むのではないかという懸念はあった。

「波乱が起きるのでは?」

 始まる前からそんな空気を感じていた。結果、第1回大会を除く史上最多である7組の初出場コンビが決勝に進出するということになった。

何が明暗を分けたのか?

 準決勝進出26組を改めて分類すると、次のようになる。(すべてエントリーナンバー順、「※」は決勝進出者)

●決勝未経験組
「アインシュタイン」「からし蓮根(※)」「ミルクボーイ(※)」「ぺこぱ(※)」「オズワルド(※)」「すゑひろがりず(※)」「ダイタク」「くらげ」「セルライトスパ」「ラランド」「錦鯉」「ニューヨーク(※)」「東京ホテイソン」「ロングコートダディ」「インディアンス(※)」「金属バット」「四千頭身」「天竺鼠」「囲碁将棋」

●決勝経験組
「マヂカルラブリー」2017年
「カミナリ」2016年、2017年
「見取り図(※)」2018年(昨年決勝進出)
「ミキ」2017年、2018年(2年連続決勝進出)
「かまいたち(※)」2017年、2018年(2年連続決勝進出)
「トム・ブラウン」2018年(昨年決勝進出)
「和牛」2015年~2018年(4年連続決勝進出、3年連続準優勝)

●ラストイヤー(結成15年以内のコンビという出場資格の制限があるため、今大会が最後の挑戦となるコンビ)
「天竺鼠」
「囲碁将棋」
「かまいたち(※)」

● 吉本興業以外の事務所(フリーも含む)
「ぺこぱ(※)」
「ラランド」
「錦鯉」
「東京ホテイソン」
「四千頭身」
「カミナリ」

 ライブビューイング会場からすべてのネタを見ていたが、「ミルクボーイ」「オズワルド」「からし蓮根」の決勝進出を確信した。ネタの内容は書けないが、「ミルクボーイ」の躍動感、「オズワルド」のセリフ選びは最高だった。そして、「からし蓮根」はオーソドックスに見えて、細部にわたり丁寧に作り上げられており、構成も完璧。この3組は審査員も納得して送り出すのではと思えた。そんな漫才だった。

1/3ページ

最終更新:2019/12/9(月) 15:43
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事