ここから本文です

溜め込んでない?いますぐ捨てるべき不用品15アイテム【片付けチェックリスト】

2019/12/7(土) 12:01配信

ライフハッカー[日本版]

9. 蓋がなくなってしまったタッパーや保存容器

蓋がなくても使えるタッパーや保存容器はOKですが、使わないのに、なんとなくそのまま放置しているのであれば、この機会に処分します。

ものが溢れがちなキッチン周りは、ただでさえ収納の場所をとる保存容器系は、本当に使えるものだけ(使っているものだけ)残しておくのが良さそうです。

10. 色のあせたタオル、シーツ類

毎日使うものだから、衛生面も考えると1年に1度買い換えてもよいかもしれません。

タオルも頂き物などで増えがち。定期的にメンテナンスし、へたっているものはペット用の敷きものにする、程よい大きさに切って古布として掃除に使うなどして上手に再利用を。

11. 度の合わなくなったメガネ

説明不要ですね。メガネは、自分の視力に合ったものを使用し、合わないものはすぐに処分しましょう。

(お気に入りのフレームでレンズを替えるつもりならその限りではありません)

12. サイズが合わなくなった、似合わなくなった洋服

片付けで一番頭を悩ませるのが洋服。これも年末に1度と言わず、3カ月に1度、シーズンごとなどにタンスやクローゼットの中身を見直すこと。

またどうしても減らせないという方は、1着増えたら1着手放す、など処分ルールを決めてみては?

Point:ちなみに私は、
各シーズンごと約3パターンずつのコーディネートを“制服化”しています。よって、あふれることも衣替えも不要になりました。

数を持つより、シンプルでも少し良いものを厳選して持つことで、丁寧にケアするように。長い目でみると時間もお金も節約できていいことづくめの方法ですよ。

13. メールの受信箱

不要なメールが多いと本当に必要なメールを見逃してしまいます。

DMは、そのまま放置しておくのではなく、日頃から気づいたときにすぐにDMの受信設定を変更するか、不要なサービスの場合は退会しましょう。

Point:何か新しいサービスに登録する際には、必ず一番最初にメールの受信(DM郵送)をオフに設定を。最初の設定次第で、その後の無駄な時間や労力を減らせます。

14. 誰かからのプレゼントや譲り受けたもの

人から頂いたものってなかなか処分しづらいもの。捨てづらい気持ちはとてもよく分かりますが、ものは使われてこそ、その価値を発揮するのです。

Point:処分とまではいかなくてもフリマアプリやリサイクルショップを利用して、他でより良く活用してもらえる方にお譲りしたほうが良いと思いませんか?

3/4ページ

最終更新:2019/12/8(日) 1:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事