ここから本文です

今日は何の日:12月7日

2019/12/7(土) 9:03配信

nippon.com

日本ラグビー初の国際試合開催

1901(明治34)年 日本ラグビー史上初となる国際試合が横浜で行われ、慶応大学チームが外国人クラブチーム「YC&AC」に5対35で敗れた。ラグビーを日本人がプレーしたのは1899年秋、東京・三田の同大学に赴任した英国人英語講師のE・B・クラークが学生たちに教え始めたのが最初とされる。

その他の出来事

1955(昭和30)年 長崎市が米国ミネソタ州の州都・セントポール市と姉妹都市提携を締結。日本における姉妹都市提携の第1号。

1957(昭和32)年 プロ野球・巨人が、「神宮のスター」立教大学・長嶋茂雄内野手の入団を発表。長嶋は当時の東京六大学記録を更新する8本塁打を放つなど、人気と実力を兼ね備えた選手だった。背番号は、名手・千葉茂から受け継いだ「3」。

1988(昭和63)年 長崎市の本島等市長が同市議会で、日本共産党議員の質問に答える形で昭和天皇の戦争責任について言及。

2002(平成14)年 「K-1 WORLD GP 2002 決勝戦」が東京ドームで開催され、同ドーム最多観客記録となる7万4500人(主催者発表)を動員。

最終更新:2019/12/7(土) 9:03
nippon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事