ここから本文です

旨い店はタクシー運転手に訊け! 「チャーシューエッグ定食」が絶品すぎる『安ざわ食堂』(上板橋)に行ってきた

2019/12/7(土) 12:00配信

食楽web

「旅先で旨いものが食べたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。そこでB級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店へ案内してもらいます。

 チャーシューと目玉焼き。普段からよく食べる2品ですが、この2つを1皿にした「チャーシューエッグ定食」というメニューを食べたことがありますか? 意外にありそうでない定食ですよね。有名なのは豊洲市場の『とんかつ八千代』のチャーシューエッグ定食ですが、今回ご紹介するのは、上板橋の『安ざわ食堂』です。

 このお店、「チャーシューエッグ定食」の美味しい店がある、と友人に教えてもらって行ったのが最初でした。料理の写真を見せてもらった瞬間、ブルッと身震いが来て、「デカっ!」と声が出たほど巨大でした。

 場所は、東京・板橋区、東武東上線の上板橋駅から徒歩5分ほどの場所にあります。お店の情報を調べると、この『安ざわ食堂』のご主人は、塩そばで有名な池袋の『桑ばら』で10年修業。2018年4月7日に、「新潟長岡らぁめん」をメインに据えてオープンしたラーメン屋さんだということがわかりました。これは期待大です!

巨大チャーシューエッグ定食に大感激!

 というわけで、『安ざわ食堂』には昼の12時前に到着。入店すると、すでにお客さんでいっぱいでした。とくに男性客が多い。そして見渡す限り、皆さん、ラーメンだけでなく、ごはん山盛りのガッツリした定食を食べています。

 入り口にある券売機には、お目当ての「チャーシューエッグ定食」が確かにありました。が、よくメニューを見ると、「生姜焼き定食」を発見してしまったのです。しかも「シングル、ダブル、トリプル」というボリューム設定もされていて……。無類の生姜焼き好きの私は、小さな券売機の箱を前に、少し悩んでしまいました。

 しかし、今日は、「チャーシューエッグ定食」(1100円)を食べに来たんだと心を鬼にして、ポチり。さらに「定食限定ミニらぁめん」(100円)を付けることにしました。カウンターで待つこと約7分。登場したのがこちら。

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 12:00
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事