ここから本文です

栄養満点のヘルシーフード、フムスのレシピと14通りの食べ方アイディア

2019/12/7(土) 12:06配信

ウィメンズヘルス

4. マリネの調味料に

管理栄養士のナタリー・リゾいわく、「フムスは、お肉のマリネの調味料として最適」なのだそう。「鶏肉や魚に1切れずつフムスを塗って1時間ほど漬け込んだら、普段通りにオーブンで焼くだけです。フムスのフレーバーが楽しめます」

5. フムスのサンドイッチ

ローストした野菜を挟んで作る「ローストベジサンド」は、ポロポロと具材が落ちてくるのが唯一の難点。これを解決するのがフムス。加えてタンパク質も一緒に摂取できる。ムーンが提案するのは、「フムスを塗ったトーストに、スプラウト、アボカド、ローストした人参を挟んだサンドイッチ」。「フムスの材料であるオリーブオイルが、人参に含まれるビタミンAとアボカドに含まれるカロチノイドの吸収をサポートしてくれます」と、ムーン。

6. フムストースト

ブランチにはもはや定番メニューのアボカドトースト。でもたまには、ひとひねり加えたフムストーストを作ってみては?「オープントーストは、サンドイッチにするよりもフムスや具材を好きなだけトッピングできるので、私のお気に入りの食べ方です」と話すムーンのおすすめのトーストレシピは、フムスを塗ったトーストに、ビタミンCが豊富な(細かく刻んだ)赤ピーマンと、脳機能を向上させる働きをするコリンやルテインが含まれる目玉焼きをトッピングしたものだそう。

7. フムスのリゾット

濃厚で高カロリーなリゾットを、フムスでヘルシーなリゾットに作り変えてみない?「乳製品は、濃厚でクリーミーな食感のフムスで代用できます。乳製品を控えている人や、ダイエット中に濃厚な料理を食べたいときにも最適」と話すのは、管理栄養士のケリー・ジョーンズ。「私は普段、乳製品を使わずにフムスでリゾットを作ります。フムスのフレーバーを変えるたびに、違った味のリゾットが楽しめます」

8. 野菜のラップサンド

野菜のラップサンドはメインにも副菜にも大活躍。「ナスやかぼちゃ、リコッタチーズといった定番具材を包(くる)む代わりに、お気に入りのフムスを塗るだけでもいつもとは違ったラップサンドが味わえます」と、ジョーンズ。

「ラップサンドの生地は、トルティーヤの代わりに、茄子やズッキーニを薄切りにして薄力粉をまぶして焼いたもので具材を包んでみると、見た目もおしゃれな新しいメニューができあがります」

2/3ページ

最終更新:1/27(月) 14:00
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ