ここから本文です

ベントレー新型フライングスパーが登場! 自らステアリングを握りたくなるほど走りが楽しいラグジュアリーカー

2019/12/7(土) 10:02配信

WEB CARTOP

最強出力635馬力、最大トルク900N・mを発生

 ベントレーモーターズジャパンは2019年12月4日、新型フライングスパーを発表した。今回のモデルで3代目となる。

ベントレー新型フライングスパーの内外装!

 ベントレーモーターズジャパン代表ティム・マッキンレイさんは新型フライングスパーについて、「自らステアリングを握るも後席に座るも良しという、リムジンのような贅沢さとスポーツセダンの性能を兼ね備えたクルマです。インテリアは世界トップレベルの品質とデザインで彩られ、ユーザーを第一に考えた技術を搭載しています。このクルマを一言で言い表すのであれば、世界最先端のラグジュアリーグランドツーリングスポーツセダンです」と語った。

 詳細を見ていこう。

ベントレー・フライングスパーの走り

 最強出力635馬力、最大トルク900N・mを発生するW12ツインターボチャージドTSIエンジンを搭載。0-100km/hは3.8秒、最高速度は333km/hを誇る。エンジンは英国でクルーで開発され、ハンドビルドされる。

 ZF製8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、加速や素早いシフトチェンジ、優れた燃費を実現する。6速で最高速に達し、7速と8速は燃費重視でグランドツーリングに向きのオーラードライブギアとなっている。

 先代では常時AWDが採用され、前後トルク配分が40対60に固定されていたが、新型では通常リヤアクスルにトルクが伝達される2WDとなる。路面状況の変化やグリップの発生を検知すると自動でアクティブAWDに切り替わる。常時AWD で発生していたアンダーステアは解消され、全体のバランスが向上しているとのことだ。

 また高速走行時の安定性と市街地走行時の操縦性を向上させるシステム、エレクトロニック・オールホイール・ステアリングを採用。低速走行時は前輪と後輪が逆方向に操舵される。これによりホイールベースの短縮効果が生まれ、俊敏性が増し、駐車なども驚くほどラクになるという。高速走行時は前輪と後輪が同じ方向に操舵され、安定性を確保する。

 ブレーキはコンチネンタルGTと同じく世界最大サイズの鉄製のものと採用。エンジン性能の強化に伴いフロントブレーキの直径を420mmに拡大した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 10:02
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事