ここから本文です

バーテンダーが厳選! 部下に奢ると「先輩カッコいい!」と思われるカクテル5選

2019/12/7(土) 12:03配信

食楽web

 たまには若い部下を連れて、落ち着いた雰囲気漂う新宿のバーへ。先輩らしいところを見せたいけれど、バーでどうやったらサマになるのかわからない。気づいたらビールとか水割りとか、バーに来てもいつものオーダー。本当は大人の貫禄をさりげなく見せつけたいのに。

 ということで、部下を連れてバーに行く際、若い部下から「大人ってかっこいいなぁ」と思わせるカクテルを5杯、こっそり紹介しちゃいます。

 今回「先輩が飲むのにオススメのカクテル」を教えてもらったのは、西新宿にある『Bar Ben Fiddich(バー・ベンフィディック)』。「世界のベストレストラン50」などで知られている、イギリスの老舗出版社、ウィリアム・リード・ビジネス・メディア社が選ぶ、「アジア最高のバー50」に2016年から4年連続ランクイン。日本はもちろん、海外からも高く評価されているバーです。

 その魅力の一つが、様々な香草・薬草酒。この店では、オーナー自ら作ったリキュール「SUZU(スーズ)」やヨーロッパの香草・薬草酒などを味わうことができます。

 香草・薬草酒と言ってもジンやカンパリだって薬草酒の一つ。ジンは大麦麦芽やトウモロコシなどの穀物を発酵・蒸留したのち、ジュニパーベリー(ねずの実)や様々な根や木の皮などを加えて再度蒸留したもの。カンパリにはコリアンダーやリンドウの根など様々な自然由来のものが入っています。

「うちは薬草のお酒に特化したバーです。『アブサン』から始まり、『アマーロ』と呼ばれる苦味酒や、自家製の様々なボタニカル・薬草酒のあるバーですよ」と鹿山さん。ここではハーブ、スパイスを使った「ミクソロジー・カクテル」を楽しむのが一番の醍醐味。しかし、見たことのないお酒ばかりで、どう頼めばいいんですか?

「もちろんマスターに聞いてください」とニッコリ。「バーは嗜好品を楽しむ場所。お酒はもちろんですが、グラスやそのバーの雰囲気など、世界観を楽しめばいいんですよ」と微笑む鹿山さん。それでは、部下にかっこいいと思われるお酒、早速教えてください!

1/3ページ

最終更新:2019/12/7(土) 12:03
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事