ここから本文です

ケトジェニックダイエットのルール、メリット、注意点などを総まとめ!

2019/12/7(土) 22:03配信

ウィメンズヘルス

ケトジェニックダイエットのメリット

公認管理栄養士のベス・ウォーレンによると、「ケトジェニックダイエットは、糖質の大部分をタンパク質や脂質で置き替えるため、ヴィーガンを含む他の食事によるダイエット法よりも、食べた後の満足感を得やすい」

さらに、食べてはいけないものが多いので、ケトン体ダイエットを行うと自炊が多くなる。自分が食べているものを意識しやすくなるのも、食生活改善のためには効果的な方法。

ケトジェニックダイエットの注意点

「ケトジェニックダイエットでは、食物繊維とカリウムといった、体が必要とする栄養素が摂取しにくい」 と語るのは、管理栄養士のカレン・アンセル。「同時に、ケトン体ダイエットでは心臓に悪い飽和脂肪をたっぷり摂取するし、エネルギー源である炭水化物が体から奪われてしまう」というのも注意すべきポイント。

エネルギー切れを起こさないためには、「玄米やオーツのようなヘルシーな全粒穀物は取り入れつつ、加工された炭水化物 であるクラッカーやクッキーなどをカットするべき」とアンセル。

全粒穀物やフルーツのような食材から食物繊維を摂らずにいると、お通じが悪くなる。ケトジェニックダイエットで便秘になるという人は、発酵野菜を取り入れてみよう。

発酵野菜はプロバイオティクスとして働き、腸内の善玉菌をサポートして便秘を防いでくれる。キムチやザワークラウト、ピクルスなどの野菜を食事にもっと取り入れてみよう。

ケトジェニックダイエットで口臭や体臭がきつくなる?

ケトジェニックダイエットを実践してみると、ツーンとした匂いが気になる人もいるかもしれない。これが「ケトン臭」と呼ばれるもの。

成城松村クリニックの松村圭子先生はこう語っている。

「糖質制限は、ハードにやればやるほど口臭や体臭がきつくなります。ニオイの正体は『ケトン体』。私たちは通常、食事から摂取した糖質を第一のエネルギー源としています。ところが、糖質制限をするとその糖質が体内で不足します。すると、身体は蓄えている脂肪を分解してエネルギーに変えていくのです。この作業は、肝臓を使って行われ、このとき血液中に放出されるのが、『ケトン体』と呼ばれる物質です。このケトン体が、ツーンとしたすっぱい独特のニオイを放つのです」

極端な糖質制限には弊害もあるので、ケトジェニックダイエットを行うなら、定められた量の炭水化物や食物繊維、タンパク質もしっかり摂るよう、心がけよう。

2/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 22:03
ウィメンズヘルス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ