ここから本文です

【Bellator×RIZIN】“MVP”マイケル・ペイジが日本初登場で安西信昌と対戦! 中村優作vs神龍誠も決定=12月29日(日)

2019/12/7(土) 17:10配信

ゴング格闘技

2019年12月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される「Bellator JAPAN」の追加対戦カードが12月7日、発表された。

【写真】ポール・デイリーに高い打点の前蹴りを突き刺すMVP

173ポンド(78.5kg)契約で“MVP”ことマイケル・“ヴェノム”・ペイジ(英国)と元UFCの安西信昌(TEAM CLIMB)がユニファイドルールで対戦。さらに「RIZIN提供試合」として、58kg契約で中村優作(チーム・アルファメール・ジャパン)と神龍誠(フリー)が対戦する。

マイケル・“ヴェノム”・ペイジはBellatorを代表する選手の一人。Michael Venom Pageの頭文字から「MVP」と呼ばれ、その長い手足から繰り出される打撃と寝技で数々のKO・一本勝ちを記録してきた。セミコンタクトのWAKOルールで習得した独特の打撃は、絶妙な距離感とタイミングの良さを誇り、インパクトの残る勝利を挙げている。

MMAは16勝1敗。2019年5月のウェルター級ワールドGP準決勝でドウグラス・リマ(ブラジル)の右アッパー&鉄槌に2R KO負けを喫したが、9月「Bellator 227」アイルランド大会でリチャード・キエリーに1R 跳びヒザ蹴りでKO勝ち。11月23日の地元・英国ロンドン大会では、デレック・アンダーソンの欠場によりイタリアのミリッロとの対戦。1R、ミリッロの右ローに右オーバーハンドを合わてKO勝利。2連続KOで完全復活を遂げている。

対する安西信昌はMMA11勝3敗。2008年全日本フリースタイルレスリングベスト8などの実績を誇る組み技を武器に、2009年5月のPANCRASEでプロデビュー。2014年6月にはミドル級王座を獲得した。2014年8月からUFCに参戦し、2018年6月にジェイク・マシューズに一本負けし、UFC2勝2敗の五分の戦績でリリース。2019年9月のDEEPで日本マットに復帰し、佐藤洋一郎に2R 判定勝ちを収めている。

ベンソン・ヘンダーソンの欠場を受けて、スコット・コーカーBellator代表から急遽送り込まれた“MVP”が初登場の日本マットで衝撃をもたらすか。それとも“アニマル”安西が返り討ちにするか。注目の一戦だ。

◆スコット・コーカーBellator MMA President
「MMA史上最も洗練されたストライカー“MVP”を参戦させます」

「歴史に残るベラトール初の日本大会『BELLATOR JAPAN』のカード発表はまだ終わりではありません。日本の皆さんには是非とも最高のBellatorを体験してほしいという気持ちもあり、先日のロンドン大会で試合をし、無傷の勝利を収めたMMA史上最も洗練されたストライカー、“MVP”ことマイケル・“ヴェノム”・ペイジを日本の皆さんに見てもらうべく参戦させます。対戦相手は日本のウェルター級の強豪で、Bellatorの新しい選手・安西信昌です」

29日のもうひとつの追加カードは中村優作vs.神龍誠。日本拳法をバックボーンに持つ中村優作はMMA16勝6敗1分。2018年5月の「RIZIN.10」で那須川天心とキックルールで対戦(2R KO負け)後、2018年9月「RIZIN.13」ではマネル。ケイプにも3Rリアネイキドチョークで一本負けを喫したが、2019年3月の修斗でロドニー・モンダラに2R TKO勝利、同年6月の「RIZIN.16」ではトップノイ・タイガームエタイに判定勝利を収め、2019年は2連勝と波に乗っている。

対する神龍誠(高橋誠)はMMA16勝7敗。アマチュアレスリングをベースに15歳でプロデビュー。2018年4月に7戦無敗で和田竜光が持つDEEPフライ級のベルトに挑戦も判定負け。しかし、その後勝利を重ね、2019年6月のDEEPフライ級暫定王者決定戦で、柴田“MONKEY”有哉にフルマークの判定勝利を収め、3連勝で暫定王者に就いている。

独自の間合いと飛び込みをMMAのなかで見せる中村優作が3連勝を飾り2019年を締めくくるか、RIZIN初参戦の神龍誠が持ち前の組み技とTEPPEN GYMで磨いた打撃で中村を下し、DEEPフライ級暫定王者の力を見せるか。

◆中村優作「神龍選手は若くて勢いがありますが、絶対にスベらん試合します」

「皆さんこんにちは。ミスター大阪、中村優作です。今回、29日のBellator大会と同じ舞台の試合ということなんですが、こんな豪華なメンバーのイベントに出られることほんまに幸せに思ってます! 対戦相手の神龍誠選手は若くて勢いがありますが、皆さんの期待通り絶対にスベらん試合しますんで、めちゃめちゃ期待しててください。もう一度言います。絶対にスベりません。そして、もう歯も飛ばしません!!」

◆神龍 誠「中村優作選手には踏み台になってもらいます」

「こんにちは DEEP史上最年少となる18歳でフライ級チャンピオンになった現在19歳の神龍誠です。今回、憧れていた大舞台に立つ事が出来とても嬉しく思います。僕の事を知らない人がほとんどだと思いますが、大晦日は激しくスリリングな試合をします。対戦相手の中村優作選手には踏み台になってもらいます。是非、神龍誠を体感してください。応援宜しくお願いします」

最終更新:2019/12/7(土) 22:06
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事