ここから本文です

元アイドルが解説!芸能人の「職場恋愛」事情

2019/12/7(土) 15:04配信

Suits-woman.jp

こんにちは!元アイドルでコラムニストの小川満鈴です。恋愛はいつ始まるか分からない!?という感じが、なんだかドラマチックで素敵なイメージがありますよね。例えば海で溺れかけたところを助けてもらった相手と……買い物をしていて偶然同じ商品に手を伸ばして……落としたスマホを届けてくれて……遠い旅先で偶然幼馴染と再会……などなど。女性は最終的には「安定感」を求めるようになるものの、出会いに関してはドラマチックなものを求める傾向にあります。

恋愛はほぼ職場から始まるのは同じ

が、現実はどうかといいますとそうでもなく、今でも一番の恋愛・結婚に至る流れの半数以上が「職場内」なのだそうです。

これ、ちょっと寂しいようにも思いますが、考えてみると当たり前ですよね。思い返してみれば、小学校、中学校等でも結局は「クラスの中で誰々が好き?」と狭い世界で恋愛していましたよね。大人になってもそれはあまり変わらず、男女は同じ時間を共有する時間が長ければ長いほどお互いを理解する時間も増え、共通項を自然に見つけ、その人に惹かれていくものだからです。

ドラマチックな出会いと言われるのは「旅先で知らない人と偶然」等、その「ゆっくり時間をかけて知っていくパターン」を逆にしたものがそう呼ばれ、感じられるようになっています。

もちろんどちらも素敵な恋愛で、人それぞれの感性がありますので、どちらが成功しやすい、長続きしやすいは決めることができません。しかし、一般人ではなく芸能人となると、多少様子は変わってくるように感じます。それでは次の項から、その「一般人」と「芸能人」の恋愛の違いについて具体的にお話していきます。

芸能人は虚構同士で恋している?

ご存知の通り、芸能人というのは基本的には自分の真の姿を隠して様々な演技や表現をしているマネキンのような存在です。例えば「恐妻家族!」と表では言っていても、実際はキャラクターのアイデアは旦那さんが出していたり、とか。最近多いニュースですが、見た目や演技は爽やかイケメンという感じでも暴力事件等で捕まってしまう方もいます。

最近は一般の方でもネット上の性格と実際の人間性が全く逆のような方もいますが、基本的に一般の方は極度な裏表はないように感じます。それはそもそも隠す必要もないですし、隠し続けることに特にメリットがないからでしょう。

しかし芸能人同士というのは、初見の時点ではお互いに「探り合い」のような部分が存在します。

男性タレントとアイドルが共演するとしますと、男性タレントは「このアイドル、清純派とかで売っているようだけれど、実際にはどうなんだろう?」等と考えるでしょうし、逆にアイドル側も「このイケメン、本当は嫌な奴なんじゃない?怖いんじゃない?」とお互い探り探りで仕事をすることになります。

そして、これは現場の「密度」や「長さ」にもよりますが、例えばその番組で一度きりしか顔を合わせないのだとすると、なかなかお互いがその疑問を解決するには至らないかも知れませんが(最初はお互いのマネージャーの目も厳しい……)、これが長期続く番組であったり、映画の撮影で2か月程度の長い期間ずっと衣食住を共にする等の場合は、そのお互いの「化けの皮」を剥がさないとやっていけませんので、逆に言えばその人のことを深く知るきっかけにもなります。

よく、「ドラマでの共演がきっかけで」というタレント同士の恋愛や結婚がありますが、こういう理由からなのでございます。続編では、さらに深い芸能人同士の出会いのパターン、そしてマネージャーとタレントの禁断の?恋愛について、どうして起こるかをお話しいたします。

芸能人がマネージャーと付き合うのは、どうして?続編に続きます。


(教えてくれた人/小川満鈴)
コラムニスト・ジャーナリスト。子役から、十代前半にいわゆるジュニアアイドル(チャイドル)を経て現在コラムニスト・ジャーナリストとして活動。また、セーラームーンのマニアであり、日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。2016年に結婚したが、その相手が自他共に認めるブサメン……。しかし、だからこそ見えてきた幸せ感覚を大事に、婚活に悩む女性・男性の相談も多く受けている。

小川満鈴

最終更新:2019/12/7(土) 15:04
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事