ここから本文です

「1988年世代」投手陣の現状は?トップを行く田中将大と前田健太はプレーオフで好投。大卒組は明暗分かれる

2019/12/7(土) 18:15配信

THE DIGEST

 これまで「1988年世代」は育成を含めて94人がプロの門を叩いた。「豊作」と評された世代の投手は計55人で、現在はその数を日米計18人まで減らしている。いずれの選手も30歳を超え、特に先発で結果を残す投手は希少な状況だ。

 トップランナーと言える田中将大(ヤンキース)と前田健太(ドジャース)は世界一を狙うメジャーの名門でプレーを続けている。

 今季の田中は4度目の挑戦にして初の開幕戦白星を手にしたが、縫い目の高さが違う“飛ぶボール”使用のあおりを受けて伝家宝刀スプリッターがイメージどおりに落ちず、レギュラーシーズンは自己ワースト2位の防御率4.45と苦しんだ。ただ、ポストシーズン3先発では2勝、防御率2.25と安定した投球で持ち前の勝負強さに再び脚光。7年契約の最終年となる来季は、集大成のパフォーマンスが期待される。

 前田は2年ぶり2ケタ勝利(10勝)を挙げたが防御率4.04で、シーズン終盤にはチームのポストシーズン編成により先発ローテーションを外れた。例年通りブルペンへの配置転換となったが、地区シリーズ4登板で1安打無失点と、難しい役割をしっかりとこなしている。対左打者に被打率.247/被OPS.750と分が悪く(対右には.158/.535)、前年同様の課題克服が先発専念の希望をかなえるポイントになりそうだ。

 2人と同じ2006年高校生ドラフト1位で日本ハムへ入団した吉川光夫は、16年オフの巨人移籍を経て、今年6月にトレードで古巣へ復帰。出戻り後は先発も任されたが、一軍では防御率7.94と近年同様に滅多打ちされ、正念場を迎えている。同じく、元ドライチピッチャーの大嶺祐太(ロッテ)は年始にトミー・ジョン手術を受けて今季はプレーせず、来年は育成選手として再起を図ることになった。

 大卒組では今季、大野雄大(中日)が目覚ましいパフォーマンスを披露した。9月14日の阪神戦で史上92度目のノーヒットノーランを達成すると、シーズン最終戦の登板で最優秀防御率(2.58)のタイトルを確定。13年から3年連続2ケタ勝利を挙げながら昨季は未勝利に終わるなど停滞が続いていたが、禁酒が功を奏して見事に息を吹き返した。

 開幕前に先発再転向を告げられた澤村拓一(巨人)は、4月6日の中日戦で5年ぶりにまっさらなマウンドを踏んだが3回を投げて4失点で黒星。9月14日の広島戦ではオープナーとして先陣を切ると、3回をパーフェクトに抑えた。それ以外の試合は救援として投げ、シーズン43登板で防御率2.61、自己最高の奪三振率10.24をマークしている。

 これまで先発として実績を積み上げてきた石川歩(ロッテ)は、6月上旬まで防御率5点台で右ヒジに違和感を訴えて登録抹消。夏場には救援で10登板と慣れない役割をこなしたが、先発へ戻ると5連勝でシーズンを締めた。

 クローザーでは増田達至(西武)が本格的にフォークを取り入れ、前年の倍を超える割合で奪三振を記録。オフにヤクルトから移籍した秋吉亮(日本ハム)は首を治療すると、球速が元の水準に。それぞれ自己最多のセーブ(30/25)をマークした。秋吉に代わって抑えを務めた石山泰稚(ヤクルト)は、1憶円プレーヤーの仲間入りを果たした今季に体調不良やインフルエンザなどでシーズンを半休している。

 プロ入りから7年連続で40登板以上をクリアした松永昂大(ロッテ)と、9年目にして初めて一軍に定着した中村恭平(広島)のサウスポー2人が対左打者に被打率.113/138と強さを発揮して存在感を示した。対照的に、2014年から4年連続60登板以上の福山博之(楽天)は右肩と右ヒジにメスを入れて、オフに育成契約を結んだ。

 06年夏の甲子園を制して世代の顔に躍り出た斎藤佑樹(日本ハム)は来季、節目のプロ10年目に臨む。早稲田大でともに日本一を経験した大石達也は、スタッフとして西武に残る。10年ドラフトで6球団から1位指名を受けた期待にはこたえられなかったが、実働7年で132試合に登板して防御率3.64、投球回(138.1)に迫る三振(136)を記録した。

 中堅に分類される「1988年世代」の投手陣。目の前の一年が勝負の年となる年齢に差し掛かった彼らは、どのように適応しながらキャリアを積み重ねていくのだろうか。

文●藤原彬
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『スラッガー』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。

最終更新:2019/12/7(土) 18:15
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事