ここから本文です

【KNOCK OUT】64kgトーナメントに小川翔と古村匡平の参戦決定、駿太vs栗秋祥吾も

2019/12/7(土) 23:03配信

ゴング格闘技

2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』で行われる「無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX」の追加参戦決定選手が発表された。

【写真】駿太と栗秋が激突

 WBCムエタイ日本ライト級王座、HOOST CUP日本スーパーライト級王座、蹴拳ムエタイスーパーライト級王座、REBELS-MUAYTHAIライト級王座などを獲得してきた小川翔(OISHI GYM)が参戦。これまで木村ミノル、麻原将平、高橋幸光など名立たるトップファイターに勝利してきたテクニシャン。小学生で極真世界王者に輝くなど空手のバックボーンに裏打ちされた下段蹴り(ローキック)の強さには定評があり、高い防御力とタフネスに優れている。

 もう1人は古村匡平(FURUMURA-GYM)。11月に開催された『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』の育成枠で出場した古村光の実兄で、17歳でプロ転向後、戦績は14勝(7KO)1分と未だ負けなしの19歳。2019年9月にはタイ・ラジャダムナンスタジアム『スックチューチャルンムエタイ』に参戦し、兄弟揃って勝利をもぎとった。

 これにより、すでに発表済みの5名を加えてトーナメント出場者は7名となった。

<KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX出場決定選手>
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
丹羽圭介(TEAM KSK/REBELS63kg級王者)
橋本 悟(橋本道場/MuayThaiOpenスーパーライト級王者、INNOVATIONライト級王者)
与座優貴(橋本道場)
バズーカ巧樹(菅原道場/MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級王者)
小川 翔(OISHI GYM/WBCムエタイ日本ライト級王座、HOOST CUP 日本スーパーライト級王座、蹴拳ムエタイスーパーライト級王座、REBELS-MUAYTHAIライト級王座)
古村匡平(FURUMURA-GYM)

 また、ワンマッチでは58kg契約REDルール(ヒジ打ちあり)3分5Rで、駿太(谷山ジム)vs栗秋祥吾(クロスポイント吉祥寺)も決定。

 駿太は2003年2月にプロデビューし、6月のBigbangで60戦目を迎えた大ベテラン。国内とタイのトップ選手を相手に渡り合い、戦績は36勝(14KO)21敗4分。

 栗秋は九州で50戦近い試合をこなし、昨年上京するとクロスポイント吉祥寺入り。強打を武器にREBELSのエースとして活躍する。11月にはシュートボクシングに参戦し、SB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀をヒジ打ちでTKOに破った。

 両選手とも安本晴翔(橋本道場)に敗れており、安本に再び挑戦状を叩きつけるのはどちらになるのか。

最終更新:2019/12/7(土) 23:03
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事