ここから本文です

橋本環奈と片寄涼太は「ラブシーンでもテレない」、ふたり仲よくAB型あるあるを披露

2019/12/7(土) 19:00配信

週刊女性PRIME

片寄「すごく自然で直球のラブストーリー。すがすがしくて好きだな、というのが完成した作品を見た感想です」

【写真】まさに理想の身長差!な橋本と片寄の全身ツーショット

 国民的スーパースターの楓と、ごく普通の女子高校生の日奈々。住む世界のまったく違うふたりの“格差恋愛”を描いた映画『午前0時、キスしに来てよ』。

“AB型あるある”で盛り上がったふたり

 ダブル主演の片寄涼太と橋本環奈は今作で初共演。今年を振り返り「いろいろなところに出させていただいた」(片寄)、「さまざまな役に出会えた」(橋本)と語るふたりは多忙のため、撮影初日まで顔を合わせることができなかったそう。

片寄「当日も“本当にいらっしゃるのかな?”と思っていました」

橋本「お会いしたときに、そう言われました(笑)。初日は、共演シーンが少ししかなくて。わりと仲よくなったのは、次の日ですね。遊園地で1日中、撮影をして。“AB型あるある”で盛り上がった記憶があります」

 楓を演じる片寄と日奈々役の橋本はともにAB型。どんな“あるある”を話したのか聞くと、

片寄「それを明かすと、すっごく恥ずかしいんですけど……。それに言い始めるとキリがないくらい出てくるんですよ」

橋本「そうそう(笑)」

片寄「AB型っていうのは、基本、AB型である自分を好きなんです」

橋本「確かに」

片寄「それと、AB型ってあまりテレないんです」

橋本「わかる!! あと、意外に協調性がある」

片寄「そう。AB型って、変わっている人が多いと思われるみたいで」

橋本「でも、変わっている自分も嫌いじゃないんです(笑)」

片寄「そうなんですよね~。こんな話をしてました(笑)」

芸能人という設定ならではの“マスク越しのキス”

 息ぴったりに“あるある”を披露してくれたふたり。ということは、ラブシーンでもテレない?

片寄・橋本「テレないですね」

片寄「映画の予告編にも出ていた“鼻かじキス”の撮影は、橋本さんに内緒でやったんです。AB型って、予定外のことがそんなに得意じゃないんですよ。なので、さすがに驚かれていましたね」

橋本「めっちゃ、ビックリしました。台本には“鼻にキスをする”って書いてあって、リハーサルまでそうだったんですけど、本番で突然。原作のコミックにある“鼻かじキス”、実写ではやらないんだなと思っていたんです。

 だから、できあがった作品を見たときに自分がすごくいい反応をしていて。驚くお芝居と、純粋に初めて鼻をかじられて“どうした?”っていう動揺が出ていて」

片寄「僕もこの作品以外で人の鼻をかじることはないんじゃないかと思います(笑)。でも、原作の再現性が高い、すごく印象的なシーンになりました。

 漫画ってとてもキレイに描かれているので、実写にしたときにどういう見え方になるのかがわからなくて。今回、挑戦させていただけてありがたかったと思いますし、このシーンにたどり着く流れも見てほしいですね」

 “鼻かじキス”のほかにも、たくさんのドキドキや胸が締めつけられる瞬間が閉じ込められている作品。その中でもふたりが印象に残っているというのが“マスク越しのキス”。

片寄「マスクは、芸能人という設定のこの作品ならでは。女性はドキドキすると思いますよ。(同じ芸能人である)こっち側からするとヒヤヒヤしてしかたないほうのドキドキもあって」

橋本「この作品で描かれている芸能界って、本当にリアルなんです。“マスク越しのキス”も人通りのあるところで引きの画で撮影をしていて、すっごくリアリティーがある。芸能人っていう設定じゃなかったら“なんでマスクしてるの? 取りなさいよ”ってなりますよね(笑)」

1/2ページ

最終更新:2019/12/7(土) 19:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事