ここから本文です

リンゴ・デススター、5年ぶりのニューALを引っさげ再来日決定

2019/12/7(土) 22:00配信

Rolling Stone Japan

シューゲイザー・ファンからも高い人気を誇る米テキサス州オースティン出身のロック・バンド、リンゴ・デススターの来日公演が決定。2020年1月に東京・名古屋・大阪の3都市で開催される。

写真3点|シューゲイザーの先駆者、ライドが語る終わりなき進化とマイブラへの共感

リンゴ・デススターは、エリオット・フレーザー(ボーカル、ギター)、紅一点のアレックス・ゲーリング(ボーカル、ベース)、ダニエル・コボーン(ドラム)からなる3ピースバンド。親日家としても知られ、2011年の震災後には日本を元気づけるためとジャパンツアーを敢行し、同年出演したフジロックフェスティバルでは、ホワイトステージのトップバッターにも関わらず超満員のオーディエンスに迎えられた。

今年2月には日本独自企画盤としてリリースされたミニ・アルバム『スパークラー』(2009年)の10周年を記念したジャパンツアーを開催し、10月にはライドのUSツアーでオープニングアクトを務めるなど、精力的な活動が続いている。来年の2月5日には、5年ぶりのニューアルバム『RINGO DEATHSTARR』が日本先行でリリースされることも決まっており、いち早く新曲を体験できる一夜となりそうだ。

来日公演の詳細は以下の通り。チケットは12月14日の一般発売に先駆け、クリエイティブマン会員先行が12月9日15:00から11日18:00まで実施される。

<来日公演情報>

RINGO DEATHSTARR JAPAN TOUR 2020

東京公演
2020年1月29日(水)東京・吉祥寺CLUB SEATA
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット:5.800円(税込/All Standing/別途1ドリンク代必要)

名古屋公演
2020年1月30日(木)名古屋・栄TIGHT ROPE
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット:5.800円(税込/All Standing/別途1ドリンク代必要)

大阪公演
2020年1月31日(金)大阪・心斎橋FANJ twice
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット:5.800円(税込/All Standing/別途1ドリンク代必要)

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:2019/12/7(土) 22:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事