ここから本文です

横浜がティーラトン、エリキの得点で2-0リードで後半へ!15年ぶり4度目の優勝へ大きく前進

2019/12/7(土) 14:58配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京の攻勢を凌ぎつつ前半で2ゴール

 J1リーグ最終節の横浜F・マリノス対FC東京の一戦が日産スタジアムで、14時のキックオフで行なわれている。横浜が前半で2点をリードし、優勝に大きく近づいた。

 「3点差での敗戦」でも優勝が決まる横浜に対し、優勝のためには4点差以上の勝利が必要になるFC東京。序盤はFC東京が押し込む場面も見られたが、徐々に横浜がその勢いを受け流しつつチャンスをつくり出す。そして26分、敵陣バイタルエリアまで進出してきたティーラトンが左足を振り抜くと、シュートは相手に当たってそのままFC東京ゴールに吸い込まれる。横浜が先制する。

 FC東京はエースのディエゴ・オリヴェイラが負傷欠場。スピードのある永井にボールを集めてチャンスを窺うが、38分の決定機を外してしまうなど、ゴールが遠い。

 逆に横浜は44分、マルコス・ジュニオールからのスルーパスに反応したエリキが左足でゴールにねじ込む。横浜がFC東京を突き放す。

 前半は2-0と横浜がリードして終了。横浜が15年ぶり4度目の優勝へ大きく前進している。FC東京は優勝のためには6点が必要になる苦しい状況だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/7(土) 14:58
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事