ここから本文です

ゆりやん、JK役でドラマ初主演!佐藤寛太、加藤諒、島崎遥香とミュージカルに挑戦

2019/12/7(土) 5:00配信

ザテレビジョン

ゆりやんレトリィバァが、2020年1月2日(木)放送の「ドラマ『ハゲしわしわときどき恋』」(夜11:40-0:40、テレビ朝日※関東ローカル)で主演を務めることが分かった。

【写真を見る】「おっさんずラブ-in the sky-」の貴島彩理氏がプロデュース!

■ ダンスシーンはほぼ“ワンカット長回し”

本作は、“高校最後の恋”と“人生最後の恋”が大胆に交錯する超絶ピュアなラブストーリー。

主人公のマチコ(ゆりやん)は夫に先立たれ、ケアハウス暮らし。71歳にして、高校時代の初恋の相手と再会する。すでに“おばあちゃん”になってしまったマチコは、体は思うようには動かないし顔はシワシワ、長いこと女子をサボっていたことでいろいろうまくいかないことばかり。

50年の時を超え、舞い戻ってきたマチコの初恋を、ミュージカル仕立てで描く。

また、ダンスシーンはほぼ“ワンカット長回し”で撮影。まるで生のステージを見ているかのような臨場感たっぷりの映像に。作品のテーマに掲げた「世界でいちばん熱い夏」(PRINCESS PRINCESS)をはじめとする1970~80年代を彩った名曲の数々とともに、キレッキレのダンスを披露する。

■ 佐藤寛太、加藤諒がゆりやんを取り合う?

ドラマ初主演となるゆりやんは、得意の歌唱力とキレキレのダンスやツッコミを通して、恋に燃える主人公をリアルに熱演。

そんなマチコの71歳の姿を演じるのは、名女優・草村礼子。“恋をすると気持ちも見た目も若返る”というセオリーを体現するかのごとく、71歳の“草村”マチコが、大好きな彼と一緒にいるとゆりやん演じる18歳の姿になったり、それが戻ったり…。

ゆりやんと草村は、単に現在と過去のシーンを演じわけるだけではなく、2人で1人の“恋する女”を作り上げていく。

そして、マチコが愛してやまない“海野クン”を演じるのは、“劇団EXILE”の佐藤寛太。主演映画「いのちスケッチ」が11月に公開されるなど目覚ましい活躍を続ける佐藤が、ミュージカルドラマでその魅力を発揮する。

さらに、50年もの間マチコを思い続けてきた幼なじみ・栗田紅葉を加藤諒が、ケアハウスの介護士・小日向うららを島崎遥香が演じる。

この他、海野の71歳を斉木しげる、紅葉の71歳を春海四方がペーソスたっぷりに演じ、ドラマに厚みをもたらすとともに、横田真悠もフレッシュさ全開で挑む。

■ 「おっさんずラブ」の貴島彩理氏がプロデュース!

そんな本作のシナリオを手がけたのは、京都を拠点とする話題の演劇集団“劇団ヨーロッパ企画”を主宰し、同劇団公演の他、「サマータイムマシン・ブルース」(2005年)、「曲がれ!スプーン」(2009年)、「前田建設ファンタジー営業部」(2020年1月公開)、アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」(2017年)、「ペンギン・ハイウェイ」(2018年)など、数々の映画脚本でも才能を発揮する上田誠。

演出は、星野源、乃木坂46らのミュージックビデオや数多のCMを手掛け、ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(2019年、フジテレビ系)の監督としても注目を集めた人気映像ディレクター・山岸聖太が担当。 

プロデューサーは、「おっさんずラブ」(2018年)、「おっさんずラブ-in the sky-」(2019年11月~放送中)で社会現象を巻き起こしたテレビ朝日の貴島彩理氏が務める。

今回、ゆりやん、佐藤、加藤、島崎のコメントも到着した。

■ ゆりやんレトリィバァ(桜木マチコ役)コメント

――ドラマ初主演オファーを受けたときの心境は?

率直に驚きました! “私でいいんですか?”という思いでした。でもミュージカルは見に行くのも、遊びでマネするのも大好きなので、めちゃくちゃ撮影が楽しみでした。

――脚本を読んで感じたことは?

ストーリーが面白くてワクワクしました。恋する気持ちを思い出したら、見た目が当時になっちゃうのも面白いですし、なんといってもときめきました。

50年以上も一途な恋愛って素敵やし、しかも海野クンと紅葉さんという2人の男性の間で揺れる役やなんて…! 内心、そんなシチュエーションに憧れていましたが、実際に目の前で取り合われたら「私のためにケンカはやめてーー」と心から思いました(笑)。

――本作は前代未聞のミュージカルドラマですが、演技&ダンスに挑んだ感想は?

私はいつも自分で書いたコントを披露しているのですが、この撮影で、これまで演技をしているようでしていなかったんだなって痛感しました。素晴らしい俳優さん、女優さんが目の前で演技されているのを見て、ひとつのセリフでも感情を込めるとこんなに変わるものなんやと感動しました。

ダンスはもともと大好きだったので、練習も楽しくてダンスシーンの撮影が終わるのがさみしかったぐらいです。

――視聴者の皆さんにメッセージを!

このドラマは、誰かを好きになる気持ちを思いださせてくれるドラマやと思います。実はこんな私でも恋愛をベースに生きているところがあって、好きな人に振りむいてもらいたくて受験したり、好きな人が家に入れてくれへんから、家に入りこむネタを作ったり…。

だから一生を捧げられるような恋って、スゴイなと思います。シンプルに笑って楽しんでもらえる作品やと思いますし、ミュージカルシーンも本当に面白いので、ぜひ“落ち着いて見てやーー!”

■ 佐藤寛太(海野晴成役)コメント

――脚本を読んで感じたことは?

不思議なタイトルですが、めちゃくちゃ素敵な作品になると思いました。構成が巧みですし、恋をするのに年齢は関係ないという分かりやすいメッセージがパワフルに描かれていて素敵!

“病は気から”とはちょっと違いますが、気持ちのありようで人生は変わっていくんだなと思いました。ぼくは加藤諒さんが演じられた、紅葉さんのキャラクターが好き。プラトニックな愛を貫いていて、こんなにも誰かを思える男って素直にかっこいいなと思います。

――本作は前代未聞のミュージカルドラマですが、演技&ダンスに挑んだ感想は?

“LDH”のメンバーということでこういうお仕事をいただけてありがたかったです(笑)。こういうドラマってなかなかないので、楽しんでやらせていただきましたし、ウチの事務所の看板を汚さないように頑張りました!

――ヒロイン役のゆりやんレトリィバァさんと共演した感想は?

お笑いが大好きな事務所の先輩・山下健ニ郎さんの影響で、ゆりやんさんが爆発的に売れる前から存じ上げていました。まさか一緒にお仕事させていただく日が来るとは驚き! 

撮影をめちゃくちゃ楽しみにしていましたが、お会いしたらすごくやさしい方で、僕の中で思い描いていたゆりやんさんのイメージそのまま! 本当に楽しく共演させていただきました。

――視聴者の皆さんにメッセージを!

演じたり踊ったり…と挑戦させていただきましたが、恋がはじけたときの一瞬の美しいきらめきをダンスに取り込んだつもりです。恋って生きる原動力なんだなとあらためて感じさせてくれる作品。ノーストレスで楽しめる、心に響くドラマです!

■ 加藤諒(栗田紅葉役)コメント

――脚本を読んで感じたことは?

僕はこれまで、おじいちゃんおばあちゃんにとって青春時代は過ぎ去ったものなのだろうと勝手に思っていたのですが、年代を経ても青春はずっと続いているんだなと感じました。

恋をすると若返るって、実際にあるんじゃないかな、とも…。純粋な気持ちを持つ登場人物たちがたくさん出てくる、王道の純愛物語です。

――ご自身が演じた役柄について思うことは?

僕が演じる紅葉さんは70年間、マチコさんに片思いをしてきたピュアな人物です。そのピュアさゆえに嫉妬心が芽生えちゃって、見返りを求めて自分自身を苦しめてしまったり…と切ない役でもあります。

僕自身は人生において恋愛をあまり重要視してこなかったので、「(自分の)胸のときめきに耳を傾けろ」という紅葉さんのセリフが心に刺さりました。

自分は恋心にフタをして生きてきたのかもしれない…そんなことを紅葉さんから教えてもらった気がしています。 

――ヒロイン役のゆりやんレトリィバァさんと共演した感想は?

ゆりやんちゃんとはバラエティーで何度かご一緒しましたが、まさかドラマで共演するとは思っていなかったのでビックリ。彼女はこのドラマの世界観にピッタリ合っていて、お芝居もかわいい。僕が恋する相手が、ゆりやんちゃんでよかったなと思っています(笑)。

――視聴者の皆さんにメッセージを!

年齢を重ねると、外出が減って人との関わりも少なくなってしまいがちです。そんなおじいちゃんおばあちゃんたちにご覧いただき、“ちょっと恋でもはじめてみようかな”と思ってもらえたらうれしいですね。

もちろん若い世代の皆さんにも“こんな一途な恋愛ってあるんだな”と感じてほしいし、劇中で流れる、懐かしの名曲の存在を知っていただく機会になったらうれしいですね。

■ 島崎遥香(小日向うらら役)コメント

――脚本を読んで感じたことは?

とても面白いなと思いました! マチコさんのセリフにイマドキの話題がたくさん盛り込まれているのですが、私にも分からない若者言葉もけっこうあったので、特に10代の人たちには面白く見てもらえるんじゃないかな。

恋をすると、相手のためにリハビリを始めてみようとか、コラーゲンを飲んでみようとか、そういったガッツが生まれるし、脳も活性化して若者言葉を使いはじめたりして、刺激になっていいなと思いました。

――介護士役を演じる上で心がけたことは?

うららはキツめのセリフが多いのですが、役作りの参考に介護士さんたちの動画を探して見てみたら、皆さんとってもフレンドリーでお年寄りにも優しく接していたので、なるべく柔らかく聞こえるような話し方を心がけました。

――ヒロイン役のゆりやんレトリィバァさんと共演した感想は?

今回はキャストの皆さんがとても面白くて…。特にゆりやんレトリィバァさんは素晴らしい芸人さんだなと思いました。これまでこんなにも毎日、撮影で笑った作品はなかったです。常に現場を和ませてくださって、幸せな気持ちにさせてくださいました。

――視聴者の皆さんにメッセージを!

若い世代の皆さんにも絶対に楽しんでもらえるドラマだと思いますし、お年を召した方がご覧になって“自分も何かに挑戦したいな”と前向きになってもらえたらうれしいですね。

私のおばあちゃんも、お仕事を辞めてからだんだん足腰や気持ちが弱くなってきたかなと心配しているので、このドラマを見て元気になってもらいたい! そんなおばあちゃんへのメッセージも込めて演じました。

■ あらすじ

夫に先立たれ、老人ホームで退屈な日々を過ごす桜木マチコ(71:草村礼子)。ある日、新しい入居者が紹介される。目を見開き、思わず歌い、踊りだすマチコ。

ハゲてるし、シワシワだし…。でも間違いない。だって彼は、50年前初恋をした、転校生の海野晴成クン(71:斉木しげる)だったから。

50年前――高校最後の夏。

18歳のJKマチコ(ゆりやんレトリィバァ)のもとに、海野クン(佐藤寛太)は転校してきた。イケメンでクール、スポーツ万能でちょっとイジワル。でも恋には障害がつきもの。

数多のライバルの存在、そして過激化する学生運動、時代に引き裂かれ、私たちはすれ違い、結ばれることはなかった。

50年後――人はいくつになっても恋をする。

あの日、教室で隣の席で、転げた鉛筆を拾ってくれたよね。今、老人ホームで、手が震えてうっかり落としたスプーンを、拾おうとして転倒。

あの日、初めてのデートで、初めてメークして、思いっきりオシャレした。

今、あなたが入居してきたから、慌ててパジャマを脱いで、ザラのワンピを新調してみたわ。

あの日、携帯電話なんてなくて、私たちはすれ違ってしまった。今、老人だろうとLINEバンバン使えるわ。でも、おっと手が震えて違うスタンプ送っちゃった。

50年の時を超え、“高校最後の恋”と“人生最後の恋”が交錯する。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/7(土) 11:03
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事