ここから本文です

「おっさんずラブ-in the sky-」田中圭「鋼太郎さんとお芝居をしているときは、ちょっと特別な感じがしています」【インタビュー】

2019/12/7(土) 12:00配信

ザテレビジョン

四宮(戸次重幸)からお試しで1週間付き合うことを提案されるなど、ますます春田(田中圭)の周りが騒がしくなってきた「おっさんずラブ─in the sky─」(テレビ朝日系)。「後半になるにつれてどんどんキャラクターが動き始めます」と語るのは春田創一を演じる田中圭。

【写真を見る】素敵な笑顔は春田そのもの

「このドラマは、コメディーとしてすごくレベルの高いことをしています。深夜ドラマのはずなのに、何だこのクオリティー!?と自分でも驚くほど。物語では“本気で人を好きになる”という大事なことが描かれているのですが、なかなかキャラが濃いので、前半は面白さが立って見えがちでしたが、後半になって切なくなるはず。キャラがしっかりしているだけに振れ幅が効いていくのだと思います。もちろん台本の力もありますが、キャラを肉付けしている俳優とそれらを調理している演出の力もあって…。もうこれはキャストも含めた制作陣のチームワークがいいからこそできるんだと思います」

互いに信頼を置いている黒澤武蔵を演じる吉田鋼太郎をはじめ、成瀬役の千葉雄大、四宮役の戸次重幸とのチームワークも抜群のよう。

「鋼太郎さんとお芝居をしているときは、ちょっと特別な感じがしています。鋼太郎さんも僕に対してだから好き勝手やっているというところもあると思いますが、もう2人してめちゃくちゃで。前回よりもパワーアップしている気がします。そしてそんな鋼太郎さんの仕掛けや僕のリアクションを見て、みんながどんどん攻めてきてくれています。戸次さんや雄大といった新加入メンバーも台本を逸脱してキャラクターとして動いているので、これからどんどん面白くなるはず。実際に、現場では笑いが止まらないですから。中でも第2話での武蔵の告白シーンなんて、本気で笑ってしまいました。あれは名(迷)シーンですよ」

■ 「一方的に思われるだけではないと思います」

CAなだけに今回の春田は周囲への気配りも忘れない。そんな春田を田中はどのように感じているのか。

「基本的にはみんなとつくるものをそのまま大事にしようと思っていて…。僕自身、“天空不動産”とは違うことをやりたいと思って微妙にお芝居を変えていたつもりなのですが、出来上がった映像を見たら春田そのもの(笑)。環境も違うし性格も微妙に違うので少しは変わって見えているといいのですが…。僕の感覚では、今回の春田の方が自分に近いと思ってやっています。ちなみに春田の魅力である、ほっとけなさや純粋さからくる誠実さは僕自身が持っているので(笑)。そこがあふれ出ているのだと思います」

 緋夏(佐津川愛美)と別れた春田は、どんどん成瀬にひかれている様子。今後の展開はどうなるのか。

「一方的に思われるだけではないと思います。人と人との付き合いである以上、一方通行というのはまずないので。僕としては、今、目の前にいる人とその場で生まれてくる感情をきちんと紡いでいきたいと思っています。なので、緋夏を入れた五角関係や四角関係と言われていますが、そこはあまり意識していないです。春田はいろんな矢印と関わっていますが、それぞれの人と真剣に向き合っているのでその瞬間を楽しもうかなと。視聴者の方も誰かに感情移入して、切なくなったり喜んでくれればうれしいです!」

■ 「どんどん成瀬にひかれている気もする」

最後に、現在の春田の気持ちの行方を尋ねると…?

「第5話で『俺じゃダメか?』と成瀬にキスをしましたが、春田と成瀬の関係は最初から普通ではないんです。じゃんけんをしても“最初はグー”をせずに何が飛び出すのか分からない感じで。だからこのままストレートにいくと思えない。最終話の台本がまだきていないので分かりませんが、体感的には、今のところ引っ付くなら成瀬しかいないと思っていますが、成瀬の気持ちは全く分からない。まぁ、武蔵にいくというのもアリだと思います。ただここまでの体感はゼロです(笑)」(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

最終更新:2019/12/7(土) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事