ここから本文です

横浜FM、15年ぶり“優勝決定戦”でJリーグ新記録! 6万3854人の最多入場者数を記録

2019/12/7(土) 16:04配信

Football ZONE web

2位FC東京との運命の一戦に大観衆が集結、2013年に記録した6万2632人を上回る

 横浜F・マリノスは7日、J1リーグ最終節で2位FC東京と対戦。引き分け以上で自力優勝、敗れても3点差以内であればタイトル獲得が決まる状況で、前半に2ゴール、後半にもダメ押しゴールを奪い3-0で快勝し、2004年以来15年ぶり4度目のJ1リーグ制覇を果たした。この大一番に、ホームの日産スタジアムには6万3854人の観衆が集結。Jリーグ歴代最多入場者数を記録して、優勝に花を添えた。

【動画】15年ぶりの優勝に前進! 横浜FMティーラトンの値千金の先制弾

 試合は序盤から両者とも球際に激しくいく展開のなか、横浜FMは前半26分にDFティーラトンが迷わず左足を振り抜き先制ゴール。さらに同44分、FWエリキのゴールで2-0とリードを広げ、前半を折り返した。

 後半22分に横浜FMのGK朴一圭が一発退場となるも、数的不利の状況下でも奮闘。同32分にMF遠藤渓太がダメ押しの3点目を決めて勝負あった。

 リーグ1位となる68得点をマークした攻撃力を披露しての戴冠劇となったが、“優勝決定戦”となった大一番には6万3854人の大観衆が集結。これまでの最多入場者数だった、同じ日産スタジアムで行われた13年11月30日のJ1リーグ第33節横浜FM対アルビレックス新潟戦の6万2632人を上回り、Jリーグ新記録となった。15年ぶりのJ1制覇に、サポーターも熱狂的な応援で花を添えた。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/7(土) 17:03
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事