ここから本文です

人気女優が婚約。イケメン俳優の元カレと復縁ならず…結ばれたのは誰?

2019/12/7(土) 8:45配信

女子SPA!

 日本でも大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』やルイ・ヴィトンのCMなどで知られるトップ女優エマ・ストーン(31)が婚約した。

 大物俳優である元カレとの復縁も期待されていたエマだが、最終的に人気女優のハートを射止めたのは……?

 エマのお相手として伝えられているのは、コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で演出と脚本を担うデイヴ・マッカリー氏。2人は2016年12月、同番組にエマが出演した際に知り合い、2017年10月には交際説が浮上。2年以上にわたる交際期間中、デート現場が目撃されることはあったが、関係を大っぴらにすることなく静かに愛を育んできた。

 そしてこのたび、左薬指に婚約指輪をはめたエマとのツーショットをマッカリー氏がインスタグラムに投稿し、婚約を発表するかたちとなった。投稿には、2つのハートが重なった絵文字がシンプルにキャプションとして添えられている。

 スパイダーマン俳優のアンドリュー・ガーフィールドと2011年から交際していたことでも知られるエマ。熱愛ぶりが有名だったエマとアンドリューだが、2015年には破局が報じられた。

 しかし、別れた後も2人のアツアツな関係は変わらず、お互いに「愛している」と公言。また2017年にエマが映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した際には、アンドリューが感動の涙を浮かべて喜ぶ姿が話題に。こうしたことから、2人の復縁を期待する声もあがっていたが、結局“元サヤ”には戻らなかったようだ。

パニック障害を乗り越え、つかんだ成功

 アカデミー主演女優賞を受賞し、名実ともにトップ女優となったエマは、2017年にはフォーブス誌の発表するランキングで“世界で最も稼いだ女優”にも選ばれた。さらに、ルイ・ヴィトンと推定最高額1000万ドル(約11億円)というとてつもない金額で契約を結んだことでも話題となった。

 エマが出演しているルイ・ヴィトンのCMは日本でも放送されているので、一度は目にした方もいるのではないだろうか。

 最近では、結婚して子供が欲しいとも話していたエマだが、これまではそんなふうに思っていなかったという。

「歳をとるにつれて子供に対する考えが変わったわ」

「ベビーシッターをしたことすらないの。10代の時は『結婚も絶対しないし、子供も絶対持たない』なんて考えていた」

「でも歳をとるにつれて『本当に結婚もしたいし、本当に子供も欲しいって』って思うようになったの」と話す。

 また、ハリウッドでのキャリアと恋愛の両立は可能だと考えているようだ。

「キャリアか恋愛のどちらかしか選べないなんて思わないわ。メリル・ストリープは旦那さんとラブラブよ。素晴らしい家族だし、彼女は一流の女優よね。だから両立は可能。優先順位をちゃんとすればね」

 恋も仕事も順調で、順風満帆な人生を送ってきているようにみえるエマだが、実はパニック障害に苦しんだ過去も。昨年行われたイベントで、小学校のときに友達の家でパニック発作を起こしたことがきっかけで、不安障害の1つであるパニック障害に悩むようになった過去を告白した。

 友人宅で発作を起こして以降、母親と離れるのが怖くなって友達の家にも遊びに行かず、学校では保健室のような部屋に入りびたり、母親に迎えにきてもらう毎日だったという。

 しかし、その後数年間セラピーに通い、感情をコントロールできるようになってきたというエマ。「不安というものをなにかポジティブで生産的なことに活用することができれば、それはすごい力になる」と語っている。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

女子SPA!

最終更新:2019/12/7(土) 8:45
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事