ここから本文です

ガンダム40周年! 声優・古谷徹にガンダムファン歴35年のスキマスイッチ・常田真太郎が"ガンダム愛"ぶつけまぁ~す!対談

2019/12/7(土) 6:10配信

週プレNEWS

スキマスイッチの常田真太郎(ときた・しんたろう)さんは、ガンダムファン歴・約35年という知る人ぞ知る生粋のガンダム好き。「ガンダム」や「νガンダム」のガンプラを愛してやまなかった常田さんが、言わずと知れたアムロ・レイ役の声優である古谷徹(ふるや・とおる)さんにガンダム愛をぶつけます!

【写真】ガンダムを語り合う両氏

■音割れOKだった?"ファースト"深イイ話


――スキマスイッチの常田真太郎さんのあふれるガンダム愛を、古谷徹さんに受け止めてもらいます!

古谷 常田さんは今41歳ってことだと、『機動戦士ガンダム』(1979年)はリアルタイムで見てないですよね?

常田 そうですね。小学生のとき、『Z(ゼータ)』(『機動戦士Zガンダム』、85年)や『ZZ(ダブルゼータ)』(『機動戦士ガンダムZZ』、86年)はリアルタイムで見てたんですけど、"ファースト"をちゃんと見たのはその後でした。『逆シャア』(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、88年)は劇場で見ましたよ。

古谷 小学生には難しいよね。

常田 最初はジオンが単純に悪者だって思ってて......。

古谷 そのとおりです(笑)。

常田 僕の場合、まずガンプラにハマッたんです。初めて作ったのは腕も脚も関節が動かない最初期の1/144ガンダムですね。初めて本気で、しっかりバリ取ってヤスリかけて、色塗ってウェザリングもして......って作り込んだのは1/100のν(ニュー)ガンダム。付属してるちっちゃいアムロのフィギュアにも、細い筆でちゃんと色を塗りましたよ。

古谷 あははは(笑)。ありがとうございます。僕、アムロが乗った機体で一番好きなのはνガンダムなんで、うれしいです。やっぱりあの攻防一体になるフィン・ファンネルはカッコいいですからね。

常田 ですよね。でもガンプラだとファンネルってよくなくしちゃうんですよ(笑)。そういえば、"ファースト"のテレビ放送は打ち切りだったって噂は、本当なんですか?

1/5ページ

最終更新:2019/12/7(土) 6:10
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事