ここから本文です

犯人はハウスダスト? 冬のアレルギー性鼻炎にご用心

2019/12/8(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

鼻水や鼻づまり。風邪のようだと思い、薬を飲んでもなかなか治らない。そんなときはホコリやダニなどハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎の可能性がある。日増しに寒さが募るこの季節、自宅で暖房を使い始め、温風が舞い上げたハウスダストを吸い込むと、人によっては発症する。風邪薬が効かない人はアレルギー性鼻炎を疑ってみた方がよい。
はら耳鼻咽喉科(東京・江戸川)には毎年11月以降、「鼻水が止まらない」「鼻づまりがひどく、夜も眠れない」という患者が年齢を問わず多く訪れる。
東京都内に住むパート勤務の女性(52)もその一人。寒くなり始めると鼻水や鼻づまりに悩まされていた。「長年、花粉症だと思っていた」が、受診したところハウスダストが原因と判明。「先生のアドバイスに従い、自宅で念入りに拭き掃除をし、ホコリが付きそうなクッションは使わないようにした。服用薬と点鼻薬を処方してもらったこともあり、かなり改善した」と話す。
もちろん、朝晩の冷え込みや空気の乾燥から風邪をひく人もいるだろうが、アレルギー疾患のケースも意外に多い。あまり知られていないが、ダニアレルギーの発症が最も多いのが晩秋から冬にかけての時期だ。
はら耳鼻咽喉科の原誠院長は「寒くなる季節だから、ダニが原因だと思う人はほとんどいない」と指摘する。梅雨時から夏場にかけて繁殖したダニの死骸やフンが室内やエアコン内などにたまる。この時期に暖房を使い始めると、温風がそれらを空中にまき散らすのだ。「職場の空調機器の温風が原因でアレルギー症状が出る人もいる」(原院長)という。
ダニといえば、屋外に生息する吸血性のマダニを想起する人もいるが、これはアレルギーの原因ではない。元凶は吸血性でないヤケヒョウヒダニなどで、ホコリや毛髪、フケなどを餌にして繁殖する。肉眼ではほとんど見つからないほど小さいため、日常生活では意識されないことも多い。
ダニの死骸やフンは花粉より小さく、人体の奥まで入り込みやすいという。「せきの原因になりやすいのも花粉よりダニ。この季節のせきはダニアレルギーを疑う必要がある」(原院長)
「鼻風邪のような症状だが発熱はない。血液検査をしたら、アレルギーだったということはよくある」と慶応義塾大学医学部耳鼻咽喉科(東京・新宿)の藤岡正人専任講師。対処法は「まず簡単な室内の掃除から」。特にダニが多いのは寝室で、枕や布団などの寝具にたくさんいるという。藤岡専任講師は「ダニが原因ならば、枕や布団を日干しした後、掃除機で吸い取ると効果的」とアドバイスする。
寝具だけでなく、床の掃除も重要だ。「掃除機の吸引部をゆっくり動かし、カーペットや畳は1畳当たり30秒をめどに丁寧に掃除する」(藤岡専任講師)のがコツだ。さらに「アレルギーの人はダニが発生しやすいホットカーペットの使用は避けた方が無難。ソファも布製は控えた方がよい」(同)。
部屋の隅にたまったホコリもダニの発生源になる。対策の手を緩めることなく、週2回ほどは寝室や居間で入念な掃除を心掛けたい。
◇  ◇  ◇

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事